北干住、銀糸町でもOK。ジョルダンの乗り換えサービス。間違いはビジネスのもと。

未分類

東京メトロ千代田線の北千住駅の
駅名表示が間違って、「北干住」と
なっていた。
そんなニュース、少し前お伝えしました。

鉄道の乗換案内サービスを提供しているジョルダン。
サービスを更新し、北千住を誤って「北干住」と
入力しても、変換候補に正しい駅名が表示できるように
したそうです。

ジョルダン 乗換案内・路線情報・時刻表・運行情報サービス
経路検索の大定番 全国の電車、飛行機、バス、フェリーの時刻表・運賃・乗換案内・路線図・定期代・18きっぷなどが調べられます。チケット予約、お得なクーポン、季節情報など、お出かけをもっと便利で面白くするサービスをご紹介します。

これは、もちろん上の話題を受けたもの。
これまでは、北干住と入力しても、
「該当する駅がありません」と表示していたそう。

ジョルダンは、なんでこのような対応をしたのか。

それは、間違いが多い誤入力はそれだけ需要があるから。

ジョルダンは、誤入力の情報を集め、
間違いが多い入力については、それに
対応するようにしているとか。

「錦糸町」の間違いの「銀糸町」もその1つ。

日本人でも駅名の読みが分からなかったりして、
うろ覚えだたり、見間違って誤入力することも。
外国人、手書き入力の間違いにも対応することで
利便性を高めるということのようです。

こうしたサービスは正しいことが正義ではない。
使う人のことを考えると、使う人が間違いやすいものは、
ソフト側(サービス提供側)が対応するというのが、
正しい姿。

「間違い・失敗に、新たなサービスや、
ヒット、成功のもとが潜んでいる」
とはよく言われていることですが、
ジョルダンの誤入力への対応もその1つなんでしょうね。

〇失敗学
《失敗知識データベースの一般公開を開始》
http://www.jst.go.jp/pr/info/info161/

〇失敗例を買い上げ、公開しているサイト

Amazonサーチ
未分類
nikitokiをフォローする
亀の知恵

コメント