心臓病、脳卒中。万病の元・血管年齢を若返らせるには。

未分類

「○○年齢」。

健康・美容の話題で様々な「○○年齢」があります。
見た目年齢、肌年齢、骨年齢など。

その一つで最近、
話題になっているのが、
「血管年齢」です。

以前、ブログでもご紹介しましたが、
人は血管から老いるとも言われ、
老いた血管は、水道管がぼろぼろになり、
中に不要なものが詰まった状態。

血管の老化は、心臓病、脳卒中、
慢性腎臓病など、様々な病気を引き起こし、
寿命を縮めてしまうのだとか。

この血管年齢を意外な場所で耳にしました。
それは、よく通っている銭湯です。

その銭湯には、最近多くのスーパー銭湯などに
設置されるようになった高濃度炭酸泉があります。

ドイツなどでは医療用に使われているほど
高濃度の二酸化炭素が溶け込んでいるお風呂。

心臓の湯とも言われ、血行がよくなり、
ダイエット効果もあるとされています。

そこのお湯につかっていると、
年配の方2人が、まさに炭酸泉が、
血管年齢を若く保つ
という話をしていたのでした。

血管をしなやかにし、血管内に沈着した
不要物を取り除く効果があるといった内容です。

テレビ番組か、健康雑誌で紹介されていたのかなー。

以前、血管年齢について
書いたときにもあったのですが、
まずは血管そのものの検査を受けるのが
重要なよう。

ファンケルの銀座店で、
簡易版の血管年齢測定が受けられます。

《血管年齢・血圧チェックコーナー》
http://www.fancl.jp/ginza-square/health/index.html

自分で血管年齢チェックが出来ます。
https://www.selfdoctor.net/check/2007_02/check.html

また病院での「血圧脈波検査」は、
服を着たまま寝た状態で測定するという方法で、
検査自体に要する時間は5分程度、
費用は1500円程度だとのこと。

血管年齢を保つには、
食生活
タンパク質をしっかりとる
青魚などに含まれるEPA、DHAをとる
運動習慣
ウォーキングなど軽い運動を続ける。
ダンベルなど軽い負荷をかけた運動をする

炭酸泉の血管年齢に関する効能については、
本が出ていました。
「病気の原因の9割は血管の老化
突然死の6割は、血管の老化が原因」だとか。
《血管を若返らせる第3の道、それが「炭酸浴」》と述べています。

カルピスがおしている「年齢ペプチド」。
血管をしなやかにするそう。
http://calpis-kenko.jp/nenrei/nenreipepuchido/kekkan-nenrei/
https://www.calpis-shop.jp/products/shinayaka.html/

以前書いた記事
あなたの骨密度、血管年齢は? 血管が、実年齢+30歳と言われ、わなないた知人。

 

コメント