「借金ができる甲斐性」。亡くなった祖母が語っていた言葉。

未分類

昨日、このブログで女優の藤山直美さんの
お父さんである、
藤山寛美さんのことを書きました。

大阪に住んでいて、藤山寛美さんの
ファンでもあった祖母のことを
思い出しました。

豪遊して莫大な借金をし、
自己破産し、松竹芸能との契約も
打ち切られるなどした寛美さん。

祖母は、寛美さんについて、
自分にとっては意外な言葉で
彼を語ってみせました。

一言で言えば、
「寛美さんは、甲斐性がある」と。

「甲斐性」。
最近では余り聞かなくなった表現ですね。

「あの人は甲斐性がある」逆に、
「あの人は、甲斐性なし」などと使われます。

意味は、どんな大変な目にあってもくじけず、
働きや才覚によって、自分だけでなく、
家族や従業員などを養う力=生活力があり、
誰にとっても頼りになること。

祖母は昔の人ですから、
もっぱらこの言葉を使うのは、
男性に対してでしたが、
いまどきは、女性にも言えるのでしょうね。

祖母が、甲斐性をはかる物差しの1つとして
あげていたのは、寛美さんではないですけれど、
どのくらい借金できるかどうか。

お金に関することに対して、
人は他人を厳しく評価します。
いわば真価を見極めようとします。

「あいつはいくら返せるか」
それを真剣に見定めて、
それに見合うだけの金しか
貸してくれないのですね。

祖母は、友達、知合いの数よりも、
いざという時、何も言わずにお金を
貸してくれる人がどれくらいいるかが、
その人の価値=甲斐性だと。

今の自分について考えてみました。

個人だけでなく、銀行などの
金融機関、自治体などを含めて、
どれくらい貸してくれるか。
思い浮かべてみましたが、
億単位はもとより数千万円単位でも無理でしょう。

うーん、せいぜい数百万かなー。

そういえば、祖母が元気な頃、大阪の家を訪れ、
テレビをみながらの雑談の中でだったか、
歌手の千昌夫さんの話になったことがあります。

千昌夫さんは、およそ3000億円の
借金を背負ったと報じられていました。

祖母は、「千さんはすごいもんだ」
と評価していました。

(加山雄三、さだまさしさんなどの借金も
甲斐性があると語っていた)

借金できるのも甲斐性のうち。

「沈香も焚かず屁も干らず」なんてことも語っていました。

沈香とは、高級なものは
伽羅(きゃら)と呼ばれる
高級な香木のこと。

孫の僕に、平々凡々な人生を送るより
借金を背負ってでも何かことをなさる男になれ
と言いたかったのでしょう。

いや、自分が男だったら、
そんな人生を送りたかったのかもしれません。

甲斐性なしのまま、
年を重ねてしまった年の暮。

コメント