アルファフェイバリット英和辞典第2版を読む。yak~。

アルファフェイバリット英和辞典第2版

アルファフェイバリット英和辞典第2版を読む。

yak ヤク
チベット、ヒマラヤ地方などの高地に住む牛科の動物。
荷役、肉牛、乳牛などとして使われる。中学の時だったか、
チベットの人たちの生活を紹介するテレビ番組で、
バター茶というのが出てきた。それはヤクの乳から作った
バターと岩塩を使ってつくるお茶。チベットの人たちには
欠かせない飲料だという。いつか現地に行って飲んでみたい
と思った。東京のネパール料理の店クンビラに行ったことが
ある。そこにはチベタンティとバター茶があったが飲んでいない。
なおクンビラとは日本語でいう金比羅。クンビラとはもともと
ガンジス河のワニでそれが神格化された物という。

Yankee 米国北部諸州の出身者
特にニューイングランド地方の人を指す。軽蔑的にアメリカ人を指す。
「ニューヨーク・ヤンキース」。日本の不良少年少女をヤンキーと言う。
1970年代後半から主に関西地方から広まった呼び方と言われる。
語源は、髪を金髪にするなど外見をアメリカ人のようにしているとの説。
わがまま勝手で子どもっぽいふるまいをする「やんちゃ」がなまった
とする説があるそう。


yap
犬がキャンキャンほえる。ぺちゃくちゃしゃべる
アメリカンコミックスでふきだしのセリフにこの
単語がよく出てきた。

Amazonサーチ
アルファフェイバリット英和辞典第2版
nikitokiをフォローする
亀の知恵

コメント