「新入社員に戻りなさい」と先輩社員に訓示したトップ。その心は?

未分類

毎年、4月から3ヶ月ほど、
伺っている取引先。

今年度はじめて伺いました。
新しい若者が大勢入ってきていて、
そうした人たちに触れることで、
なんだかこちらまでフレッシュな気持ちになります。

以前、別の取引先で聞いた話を思い出しました。

それはそこのトップが、4月の年度初め、
新入社員も含めた全社員がはじめて
集まった会でした挨拶です。

「入社式やはじめての顔合わせの席では、
新入社員の皆さんに、お祝いやこれから
活躍してくださいと挨拶することが一般的かもしれません。

けれど私は、新入社員の皆さんに、そうしたことは申し上げません。

皆さん、意欲に満ちた素晴しい顔をしています。私なんかがあれこれ
言わなくても、これから会社で何かやろう、始めようと希望に燃えています。
逆に下手な言葉をかければ、そのやる気がそがれるかもしれません。

逆に何かを言わないといけないのは、新入社員の皆さんではなく、
後ろにいる入社2年目以降の多くの先輩社員の方にかもしれません。
こちら側から見ると、新入社員の皆さんは、輝いて見えますが、
先輩社員の多くは、くすんで見えます。これはどうしたことでしょうか?

新入社員の皆さんが、新しいスーツを身につけ、
先輩社員は古い服を着ているからではないと思います。
服の中身、精神がイキイキとしていないからではないでしょうか。

この仕事をやりたい、何かを成し遂げたいと思って入った会社。
しかし、現実は……。締め切りに追われ、予算の制約に泣き、
取引先や上司の理不尽な要求に怒り、心はボロボロになり、
やる気も元気も失っているのかもしれません。

そうした状況に追い込んだ、
会社側にも問題があるのかもしれません。
しかしあえて言いたいのです。

「新入社員の時代に戻りなさい」と。
目の前にいる新入社員の姿に何か感じてくださいと」。

昔から言われていることわざ、言い回しで言えば、
「初心忘るべからず」ということかもしれません。

希望に燃え、一生懸命、
仕事を覚え、素直に実行する。

そうした初心、初々しい心は、
すぐに失われてしまい、
保ち続けるのは希有なことです。

新入社員や、自分が移動した時など、
機会をとらえ、初心をチェックしてみる
必要があるのかもしれませんね。

あなたは、いかがでしょうか?

Amazonサーチ
未分類
nikitokiをフォローする
亀の知恵

コメント