お天道様、吹き渡る風のありがたさ。静かに流れる時の豊かさに気付く。

スポンサーリンク
未分類

2016年5月12日の東京のお天気は晴れ。

午前10時すぎ、事務所には柔らかな陽光が
差し込み、少しあけた窓からは、湿度の低い
からっとした風がそよいできました。

余りにも爽やかで気持ちが良かったので、
その場にしばし、たたずんでしまいました。

その事務所で、読んだ朝日新聞の記事に、
心が動かされる記述がありました。

《(介護 あのとき、あの言葉:下)「生きとかんば」
姿で感じた 漫画家・岡野雄一さん》
http://www.asahi.com/articles/DA3S12351848.html

2012年に出された漫画「ペコロスの母に会いに行く」は
ベストセラーとなり、2013年には、映画化、
またNHKでドラマ化もされました。

(現在、東京新聞で、月曜日に「続ペコロスの母に会いに行く」連載中)

その岡野雄一さんが、お母さんの言葉について語っています。

その記事のどこに、
特に心動かされたかというと、次の部分です。

《「母はだんだん話をしなくなりました。言葉が減っていくなか、
最後の方まで口にしていたのが『良かネェ』でした。長崎弁で
『ああ、いい感じだ』というニュアンスでしょうか。
グループホームの母の部屋に2人でいると、窓から太陽の光が差し込み、
風がカーテンを揺らしながら、す~っと通り抜ける。そんなときに、
母は『良かネェ』と一言。その後、また静かに時が流れる。
会話があるわけではないけれど、本当に穏やかで豊潤な時間でした」》。

同じような情景を体験しました。

大阪に住んでいた祖母。
90歳を過ぎて入院しました。

淀川の近くの大きな病院でした。
病室からは、遠く淀川が望めました。

何度かお見舞いに行ったある日が、
まさに病室の窓から、太陽の光がさしこみ、
風がそよいでいた、いいお天気の日だったのです。

その光の中で、その時にはもう口が
聞けなくなっていた祖母の顔を見ながら、
短い時を過ごしたのです。

祖母が元気な時に語っていた、
「お天道様の有り難さ」という言葉を
思い出していたのでした。

祖母は信心深い方ではなかったのですが、
朝起きて、神棚と仏壇にお水をお供えして、
拝んだ後、外の庭木、鉢植えに水やりしていました。

水やり前に、あがったお天道様に向かって、
何事か口にしながら手を合わせていました。

「お天道様、今日もありがとうございます」と。

今日も、日が昇り一日が始まる。
当たり前の事が、実はとても有り難い。

祖母は若い頃は、そうは思っていなかったそう。
年を重ねるにつれて、毎日昇り、地上を照らしてくれる
太陽の素晴らしさに気付いたといいます。

特別、何があるわけでもない一日。
ただ太陽がもたらす光を
元気な体で受け止めるだけ。

その普通が、実は有り難いのだと。

自分はまだまだそうした心境には至っていませんが、
なんとなく祖母のそうした心持ちが、
わかってくる年代になった気がします。

太陽の光を、今日も平穏に
迎えることができる幸せに、
深く感謝し、この一日を
いとおしみながら、過ごしたい。

そう思った至福なひとときでした。

 

Amazonサーチ
未分類
スポンサーリンク
nikitokiをフォローする
亀の知恵

コメント