アルファフェイバリット英和辞典第2版を読む。back~。

スポンサーリンク
アルファフェイバリット英和辞典第2版

アルファフェイバリット英和辞典第2版を読む。

back 背中、後ろ、後ろの、後退させる
「バック」を最初に意識したのは、車の「バックオーライ」。
運転手と後ろに降りて誘導する人の二人の掛け合いが面白かった。
続いては、「バックをとる」。レスリング漫画が流行して、
学校でレスリングのまねごとをしたが、その際に、みんなが
極めようとしたのは、相手の後ろに回ること。すなわち
「バックをとる」こと。なんであんなに熱中したのか今となっては
不思議。同じく挌闘系ではプロレスのバックドロップ。これは、
もともとレスリングの技のよう。相手の後ろから、腰に抱きついて、
自分の体を後ろに反らせながら、相手を自分の頭越しに背後に
投げつける。「後ろ脳天逆落とし」「岩石落とし」などとも。
テレビのプロレス中継を見て興奮。みんなと一緒に、体育館の
マット運動のマットの上や、砂場で実行していた。しかし、
危ないので、親や先生からはやめるように言われた。
コラム《日英比較ーbackの範囲ー》。英語のbackは日本語の
背中より広いと記されている。《a pain in my back》との
例文があげられているが、この意味として、「背中」「腰」の
どちらの場合にも使うとある。
映画では「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズに
熱狂。

コンピューターを使うようになってから、覚えた表現が、
「バックアップ」。データの破損・消失に備えてコピーを
作っておくことをいう。昔のコンピューター、ワープロなどでは、
よくこうした事態が起こった。今でもたまにあるが……。

backache 背中、腰の痛み
backbiting 陰口

 

Amazonサーチ
アルファフェイバリット英和辞典第2版
スポンサーリンク
nikitokiをフォローする
亀の知恵

コメント