人生に遅すぎることはない。「遅咲きの成功者に学ぶ逆転の法則」。

未分類

「大器晩成」「遅咲き」。

大好きな言葉です。

反対に嫌いな言葉は、
「栴檀は双葉より芳し」。

年を重ねても芽が出ないのは、
大器晩成のためと言い訳して、
生きている気がします。

2016年6月3日に、

という本が出ました。

19名の遅咲きの成功者のエピソードを紹介し、
それぞれのエピソードの最後に成功者から
学べる逆転の法則をかかげています。

以前出ていた「40歳から成功した男たち」を
改題、加筆修正した新装版なんだそう。

どんな人がとりあげられているのか?

クリスチャン・ディオール
仕事も家も失い41歳でブランドを立ち上げた
それまでは農業を営んでいた
安藤百福
47歳の無一文から、ただ独りで
インスタントラーメンを開発した

スキャットマン・ジョン
酒と薬に溺れた男がコンプレックスを武器に52歳でメジャーデビューした

カーネル・サンダース
自分の店を失い、65歳でレシピ一つで再スタート

レイ・クロック
畑違いの52歳営業マンがマクドナルドのフランチャイズを仕掛ける

エスティ・ローダー
台所で商品を開発して40歳で会社を設立

伊能忠敬
19歳年下に弟子入りし、日本地図を作った
50歳の商人

ウォーターマン
大口契約を逃した46歳の保険外交員が新型万年筆を開発

住友政友
45歳の僧侶が仏門離れ住友財閥の礎を築く

ダンロップ
47歳の獣医が息子のために新型タイヤを開発

サミュエル・モールス
挫折した46歳の画家が「電報」を開発する

レイモン・サヴィニャック
信念を曲げずに描き続けて20年、
41歳で本格デビューを果たす

残りの方は本でご確認下さい。

すべての人を知っていた訳ではありません。

けれど多くの人の話はビジネス誌、
伝記で読んだり、テレビ番組で見て
知っていました、。

19人、まとめて読むと、何歳からでも、
またゼロどころかマイナスからでも
人生を充実させることができる
と強く思わせられます。

読むと元気が出る一冊ですね。

未熟でいるうちは成長できる

Amazonサーチ
未分類
nikitokiをフォローする
亀の知恵

コメント