きゅうりの酢の物の季節がやってきた。「春苦味、夏は酢の物、秋辛味、冬は油と合点して食え」。

未分類

夕方、食卓についたら、
すでに食事を終えた母から、
「冷蔵庫にキュウリの酢の物がはいっているよ」
と声がかかりました。

自家製の酢の物です。
夏になると大量に作り、
冷蔵庫に入っていて、それをその時、
食べる分だけ出して、食します。

具はキュウリのみですが、
時にタコ、赤貝、穴子などが加わることもあります。

これは、母の実家から伝わるもので、
昔は、
「春苦味、夏は酢の物、秋辛味、冬は油と合点して食え」
と言って、夏には酢の物を食べて、食中毒を抑え、
酢の酸っぱさで食欲を増して、夏の暑さを乗り切った
ということなんだとか。
(この言葉は、明治時代の医師で薬剤師、日本陸軍で薬剤監、
軍医を勤めた石塚左玄が唱えたものだそう。石塚は 食養会を作り、
一物全体を唱え玄米食を勧めました)

キュウリ、トマト、ナスなどの食べ物は、
体を冷やす働きがあるようです。

キュウリの酢の物は、
体にこもる熱を取り去ってくれるとも。

あと、良く作って食べていたのは、
みょうがの甘酢漬け。

小さい時は、みょうがのどこが美味しいのだろう
と疑問に思っていましたが、大人になってから、
あのほろ苦さや風味がなんとも言えず好きになりました。

そうめんなどの薬味に欠かせませんが、
生だけでなく、甘酢漬けにしたり、
他の夏野菜と一緒に、細切りにして炒めたり
すると量をたくさん食べられますね。

梅雨明けももうすぐ。

これからの厳しい夏を乗り切るために、
きゅうりの酢の物をはじめ、酢を使った料理を
一杯食べたいと思います。

昨日、夜訪れた店で、スペアリプを焼いた後、
お酢で煮た料理が出ました。

鳥肉なども酢で煮ると、骨離れもよくなり、
さっぱりといただけます。(鳥のさっぱり煮)

Amazonサーチ
未分類
nikitokiをフォローする
亀の知恵

コメント