アルファフェイバリット英和辞典第2版を読む。cabbage~。

アルファフェイバリット英和辞典第2版

アルファフェイバリット英和辞典第2版を読む。

cabbage キャベツ、甘藍
《芯の部分はheart,葉の部分はleafと言う》。
もうずいぶん前のことになるが、キャベツ人形がはやった。
これは小さい時に、「キャベツから生まれた」と聞かされた
人が、その話をもとに人形を作ったというもの。アメリカ、
そして日本でも一瞬だがブームになった。
大学の時だったか、長野の嬬恋村に夏の時期に
ゼミ合宿だが、遊びにだったか、訪れたことがある。
広大なキャベツ畑が広がっていて、キャベツが畑になって
いるのを初めて見た。出荷しおわった畑を見たが、大量の
外側の葉っぱが捨てられていた。もったいないと思ったが、
農家の人に言わせると、外側の葉は固く、また色も余り
良くないことが多いので、捨てないと消費者に好まれない
と話していた。ただキャベツで一番栄養価が高いのは、
この外側の葉なんだそう。(あとは芯)なのでもったいない
とおもいつつ切り落とすのだという。
またこれは昔、仕事場があった近くにあったトンカツ屋さんで
聞いた話。そこではキャベツはおかわり自由。トンカツは
もちろんだが、この繊切のキャベツがとても柔らかくて
美味しかった。その秘密を聞いてみたら、切った後に水に
つけるのがシャキシャキとするコツと聞いたが家でやっても
そうならなかった。そこは手切りしたが、スライサーを使って
いる店も多い。切る向き、細さ、水でさらす時間などに秘密が
ありそうに思う。また近所の鰻屋では店で食べると、その店
特製のキャベツのお新香が出る。それを食べると消化が良くなる
と言う。胃腸薬にキャベジンというのがあるが、それは、
キャベツの成分からとったものだと聞いた。後で調べてみると
本当だった。キャベジン=ビタミンU。ビタミンUはキャベツの
汁から発見された成分ということで、キャベジンと名付けられた。
細胞分裂を促し、胃腸の粘膜の新陳代謝を盛んにし、傷ついた
胃腸の粘膜修復に必要なタンパク質を核酸から合成する働きや
胃酸の分泌を抑える働きがあるという。キャベツは素晴しい。

現在は、キャベツを発酵させた乳酸キャベツ、
酢キャベツというのがはやっているらしい。

 

Amazonサーチ
アルファフェイバリット英和辞典第2版
nikitokiをフォローする
亀の知恵

コメント