亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

最近、来たお嫁さんだけが気づいた家の水の異常。慣れは怖い。

   

あなたは毎日、どんな水を飲んだり、
料理に使ったりしていますか?

水道水をそのままと言う人は、
段々減って、浄水器を入れて、
その水を使っているというご家庭が
多いのではないでしょうか?

中にはウォーターサーバーを入れたり、
スーパーなどで無料またはお金を出して、
水を持ち帰り使っている所も
あるかもしれません。

わが家は蛇口につける浄水器、
そして近所のスーパーで100円だして、
5リットルの活水機の水を購入し、
それらを使っています。

またそのまま飲むときは災害用も兼ね、
ペットボトルに入ったミネラルウォーターも。

ある水が美味しいと
評判の地域に住む知人宅。

そこは上水道ではなく、地下から
くみ上げる井戸水
(地下水)を長年ずっと使い続けています。

ずいぶん前に、その地方を訪れた時、
水を飲んだのですが、カルキの臭いはしないし、
味も市販のミネラルウォーターのようだと
驚いたものです。

そこのお宅の息子さんが結婚して、
お嫁さんがやってきました。
今時珍しい(?)親と同居。

お嫁さんはその地域から遠く離れた
都会の出身。もちろん上水道育ち。

お姑さんと一緒に料理を作るように。

何ヶ月か過ぎた頃、
お嫁さんが、旦那さん、
つまりその家の息子さんに、
あることを訴えたのだそう。

それは毎日、料理に使い、
そのまま飲みもしている水のこと。

ほんのわずかだが、金気があり、
青っぽい草のような臭いや、
えぐみを感じると。

直接、姑さんに言いにくいので、
息子さんから家族に聞いてみてくれと。

さりげなく家族に水のことを聞いてきたそうですが、
誰も違和感を唱える人はいません。

しかし何度も訴えるお嫁さんの熱意にほだされ、
井戸、地下水を点検してみることにしたそう。

最寄りの保健所で水質検査をしたところ、
微量ながらも硝酸・亜硝酸性窒素が検出され、
また井戸のポンプ、配管類の一部にサビや、
藻などが付着していたことがわかったそう。

本来であれば、1年に一度は水質検査や、
井戸の点検・管理をしなくてはいけないようなのですが、
長年大丈夫だからといってそれを怠っていたんですね。

またそのお宅の周辺で、ある環境の変化があり、
それが井戸水の汚染の原因となったかもしれないと。

長年ずっと飲み利用し続けた家族の方は、
それが当たり前だと思って気づかない。

外からやってきたお嫁さんがそれに気づいた。

人は少しずつの変化に気づかない、弱い
とはよく言われることですが、
慣れ、惰性とは恐ろしいと改めて思わされました。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

電気調理鍋、高齢者にこそお勧め。三浦雄一郎さんの父・敬三さんも愛用。

80歳を超えてエベレスト登頂に成功した 冒険家の三浦雄一郎さん。 そのお父様・三 …

高校の同級生、2017年の東京マラソン断念。

まもなく東京マラソン2017年が開催されます。 (2017年2月26日) わが家 …

「勝利と敗北を同じように見つめられる者のみ、入るがいい」。ウィンブルドンのセンターコートに入る扉に記されているキップリングの詩の一節。

吉田沙保里選手が、4連覇を逃しました。 驚きました。 少し前に書きましたが、 か …

中原誠将棋名誉王座が脳出血、大腸がんで引退した後、励みにした画家・中川一政の生き方。真鶴の港を20年間描き続ける。

日本経済新聞の「私の履歴書」。 著名人が自分の人生を振り返る 人気の連載です。 …

体が香りに染まるほど、食べていた松茸の思い出を語ってくれた祖母。

先日、百貨店の食品売り場に行ったら、 国産松茸が木箱の中に納められ 売られていま …

死んだら、先に亡くなった人にまた会えるのか? ひろさちやさん新刊「人は死んでもまた会える」。

小さい時から疑問に思っていたことの一つ。 それは、人は死んだら、自分より先になく …

新型栄養失調、食欲不振、フレイル(衰弱)防止のために、栄養士から勧められた意外な食品とは?

3食食べているのに栄養不足。 高齢者の7人に1人が新型栄養失調なんだそう。 高齢 …

「クリスタルのグラス、お皿などをもらってくれない?」。親戚の叔母さんから言われた知人。なぜ?

夏の暑い時期。 食器にガラス製品がよくあいますね。 知人と少し前、食事をしながら …

必要なのか? 見直した結果、固定電話をやめた知合い。

何かをきっかけに生活を見直し、 新しい生き方を始める。 よく聞く話です。 重い病 …

知合いが実践する旅行した気分になる安上がりな方法。

ゴールデンウィーク。 国内、海外に出かけられている方、 多いことでしょう。 しか …