亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

お母さんが亡くなった知合いがお寺から渡された紙を見て、考えたこととは?

   

親しい取引先の方が、
新年早々、お母様を亡くされました。

取引先は東京住まい。
亡くなったお母様は地方に在住で、
お通夜・お葬式は、その故郷の
菩提寺で行われました。

お葬式、初七日は、同時に済ませました。
その際に僧侶から一枚の紙を渡されたそう。

それは、お母様の戒名に加え、
四十九日、一周忌、三回忌などの
通常行うべき追善・年忌法要の
年月日を記した紙でした。

五十回忌まで記されていたそう。

そこに記された遠い未来の日付。
2019年(平成31年)とか、
2066年(平成78年)とかいう数字を
見ると、思わず感慨にふけってしまったそう。

五十回忌は一般に亡くなってから49年後。
多くの家庭ではそこで年忌法要をやめる
三十三回忌までも、果たして自分は
生きているだろうか?

現在の自分の年齢に、32、49を加える、
そんなに難しい計算ではないのですが、
すぐに暗算できなかったとか。

その方は一人っ子で、
お子さんはいらっしゃいません。
すでにお父様も亡くなられています。

これまでほとんど考えたことのない、
お墓や先々のことを考えざるを得ない
立場に急に置かれ、どうしようか
ととまどっている。

また心の底ではそうしたことを
考えたくないという心理が働いて、
簡単な計算もすぐにできなくなったのかも
と自己分析されていました。

その方とは置かれた立場と自分とは
全く異なりますが、そうした心理は
わかる気がします。

親が元気なうちに、縁起が悪いなんて言わずに、
親のことや、ご先祖様のことを聞くついでに、
仏壇、お墓や供養のことを話し会っておくべき。

よく言われることですが、いざというとき、
悔いを残さず、戸惑わないために、
やっておくべきことなのでしょうね。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

「もしあのとき、蔵元の跡取りと結婚していたら……」。もう一つの人生。

先日、母が話した岐阜県の山の中の 町にある「城跡」について書きました。 親戚の実 …

知らない男性名義の怪しい封書が届いたので、開けてみたら……。同窓会、同窓生を装った勧誘に注意。

お昼を自宅でとろうと、仕事場から戻ってきたら、 お茶の間のテーブルの上に、自分あ …

減俸(げんぽう)の反対語を言えますか? 「年俸」の読み方は?

減俸(げんぽう)の反対語を言えますか? 「減俸」は、給料が減ること。 その反対は …

6月15日は弘法大師の誕生日。行事は?

落語家の桂ざこばさん。 1947年9月21日生まれ、 本名は、関口弘(ひろむ)さ …

「ゲスの極み乙女。」「ゲス不倫」「ゲス男」。「ゲス」ってなんだっけ?

テレビのワイドショー、週刊誌などで、 最近、目に付くのが、 「ゲス不倫」「ゲスの …

自分にとって男らしさ、大人の象徴は腕相撲だった。あなたは腕相撲、強いですか? 腕相撲道場。

あなたは、最近、腕相撲をしたことがありますか? そんなことを思ったのは、 201 …

今まで包丁すら握ったことがない知合いから、鶏ハムと自家焙煎珈琲豆をもらった。自炊が寿命を延ばす?

以前、高齢者の世話をする専門家の方から お話を伺ったことがあります。 たくさんの …

母の故郷から送ってきた初よもぎの草餅。若草摘み。桑の実。

昼休みに家に戻り、リビングに行ったら、 母が、 「岐阜から草餅が届いたわよ」 と …

チョコで認知症予防? 脳の栄養分たんぱく質BDNFが増加。

夏の暑い盛り。 チョコレートも溶けるような時期ですね。 それでもチョコを召しあが …

「勝利と敗北を同じように見つめられる者のみ、入るがいい」。ウィンブルドンのセンターコートに入る扉に記されているキップリングの詩の一節。

吉田沙保里選手が、4連覇を逃しました。 驚きました。 少し前に書きましたが、 か …