亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

お母さんが亡くなった知合いがお寺から渡された紙を見て、考えたこととは?

   

親しい取引先の方が、
新年早々、お母様を亡くされました。

取引先は東京住まい。
亡くなったお母様は地方に在住で、
お通夜・お葬式は、その故郷の
菩提寺で行われました。

お葬式、初七日は、同時に済ませました。
その際に僧侶から一枚の紙を渡されたそう。

それは、お母様の戒名に加え、
四十九日、一周忌、三回忌などの
通常行うべき追善・年忌法要の
年月日を記した紙でした。

五十回忌まで記されていたそう。

そこに記された遠い未来の日付。
2019年(平成31年)とか、
2066年(平成78年)とかいう数字を
見ると、思わず感慨にふけってしまったそう。

五十回忌は一般に亡くなってから49年後。
多くの家庭ではそこで年忌法要をやめる
三十三回忌までも、果たして自分は
生きているだろうか?

現在の自分の年齢に、32、49を加える、
そんなに難しい計算ではないのですが、
すぐに暗算できなかったとか。

その方は一人っ子で、
お子さんはいらっしゃいません。
すでにお父様も亡くなられています。

これまでほとんど考えたことのない、
お墓や先々のことを考えざるを得ない
立場に急に置かれ、どうしようか
ととまどっている。

また心の底ではそうしたことを
考えたくないという心理が働いて、
簡単な計算もすぐにできなくなったのかも
と自己分析されていました。

その方とは置かれた立場と自分とは
全く異なりますが、そうした心理は
わかる気がします。

親が元気なうちに、縁起が悪いなんて言わずに、
親のことや、ご先祖様のことを聞くついでに、
仏壇、お墓や供養のことを話し会っておくべき。

よく言われることですが、いざというとき、
悔いを残さず、戸惑わないために、
やっておくべきことなのでしょうね。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

「ネズミに引かれないように」。意味、わかりますか? 知っている人は年配?

「ネズミに引かれないように」。 こんな表現がメールに書かれていたら、 あなたは、 …

風邪、インフルエンザの睡眠中の対策。ぬれマスク効果絶大。加湿と保温。

全国的にインフルエンザの流行が見られるようです。 インフルエンザにかかっている人 …

2020東京五輪エンブレム。著作権侵害問題。新国立競技場にならい白紙撤回? ベルギーの劇場は使用差し止めを求める。

2020年の東京五輪のエンブレムと、 2013年に公表されたベルギーの リエージ …

アパート住まいでもフェラーリを買いなさい。身分不相応なモノを持て。モノがアナタを育ててくれる。

今日、新しい取引先に伺いました。 仕事の話の流れで、 そこの25歳の担当者(女性 …

「花の司の牡丹でさえも 冬は菰着て 春を待つ」。辛抱して待てば、いつかよい日が来る。

俳優・歌手の梅沢富美男さんが、 毎日新聞の「私だけの東京」に登場しています。 毎 …

大学入試センター試験の「地理B」で「ムーミン」が登場。ムーミンのテーマパーク「メッツァ」、2018年秋にオープン予定。

2018年1月13日に実施された 大学入試センター試験1日目。 その「地理B」で …

小さなチャレンジ(コチャレ)を続ける。上大岡トメさんの「コチャレ! 小さいチャレンジで次の扉を開ける」。

いつ、誰に教わったか忘れたのですが、 何か物事をするときには、小さく分けて、 分 …

「お前はまだ人生の歌を残していない。生きて、歌を残しなさい」。イヌイットの古老が若きC.W.ニコルさんに語った言葉。

作家のC・W・ニコルさん。 長野県の黒姫の山に、「アファンの森」を作り、 自然を …

閖上。「ゆりあげ」。「閖」はどんな意味と母から質問。知ったかぶりは知識を狭める。

昨日だったか、朝、ご飯を食べていると、 母が新聞を持ってきて、尋ねました。 「こ …

電動スープメーカーを買って、1年365日スープを飲んで健康になった知合い。スープ健康法。

料理研究家の辰巳芳子さん。 映画にもなったスープ作り。 病床のお父さんのために …