亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

近所の柳橋がテレビドラマの舞台に。いつもの風景を初めて訪れた場所のように見られる感性。

      2017/04/11

家のすぐ近所に、柳橋があります。
神田川の一番下流の河口にあり、
その先はは隅田川。

昔は、東京一の格を誇る
柳橋芸者がいた料亭街。

柳橋近くの神田川には屋形船がうかび、
橋自体の意匠もさることながら、
橋の両詰には、小松屋(佃煮屋、船宿)があり、
絵になる景色なので、これまで数多くの
テレビドラマ、映画の舞台となっています。

先週の土曜日から始まったNHK総合の
「4号警備」
http://www.nhk.or.jp/dodra/yongou/

「ブラタモリ」からの流れでなにげなく
見ていたら、この主人公が働く民間警備会社が、
柳橋のたもとにあるという設定になっていました。
(ついでに言えば両国橋に西詰めでもある)

1回目の再放送。
《4月15日(土)総合 午前1時45分(金曜深夜)
4月15日(土)総合 午後4時40分》

このため主人公達が、柳橋のあたりを渡ったり、
上流の浅草橋の上から、下流の柳橋をとった
映像などが、出てきました。
(さらについでにいえば、隅田川両岸も舞台。
清洲橋の上でのシーンもあった)

その映像を見ていて思ったのは、
いつも見慣れている風景がまるで
違ったアングル、表情に思えたこと。

もちろんビデオカメラのレンズを
通したものなので、肉眼の焦点距離とは
違うので、当たり前と言えば当たり前なのですが、
ともかく、その場所の異なる側面を見せてくれた
と感じました。

これは撮影をしたカメラマン、ディレクターが
普段この場所で生活をしていない人だから。

すなわち第三者としての新鮮な目で
その場所を切り取ったからではないかと
思いました。

以前、ある先輩に、優れた芸術家、天才とは
どんな人かについて教えてもらったことがあります。

その先輩曰く、
「いつもの風景、人でもいつも新鮮に見られる人のこと」。

そう何年も住んだ場所でも初めてその地を訪れたような
フレッシュな気持ちで初見の気持ちをもてる人こそが、
芸術家だと。

そしてそれは、人や物でも同じ。

常に新たな側面を見出すことができるということが、
優れた芸術家の条件だと。

見慣れた場所を初めて見るように感じることが出来る。

なかなか難しいことですが、テレビドラマという
他人の目を通して、眺めることでそれが疑似体験できた
のはとても嬉しいことでした。

その意味で、同じ本、同じ場所、同じ料理を
読んだり、行ったり、食べたりなど、
複数の人で共通体験し、あとで互いにその感想を
語りあうというのは、自分の見方、感性を広げて
くれるとの言葉を思い出しました。

そうしたことを語り合える友達の大切さを
改めて感じたことです。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

萩の花。ご覧になったことありますか? 秋の萩見。萩寺。花を愛でて季節の移り変わりを感じる。

「花より団子」という言い回しがあります。 「風流より実利を重んじる」 といった意 …

ドラマ「愛という名のもとに」を見て涙した国会議員の現在は? 東京新聞のコラム「筆洗」。

ドラマ「愛という名のもとに」。 40代以上の方は覚えているのではないでしょうか? …

靴下、インソール、靴で延びる健康寿命。靴外来。シューマスター。

健康で長生きするためには、 動くこと、歩くことだと言われます。 けれど足の筋肉の …

「死ぬときくらい好きにさせてよ」。樹木希林さんを使った宝島社の広告。「メメントモリ」。

1月5日、読売新聞の朝刊のページを めくっていると美しいカラーの 見開き広告が現 …

夏場の行楽、お出かけで重宝する自然解凍の冷凍食品。知合いは外出時には必ず持参。

先日、訪れた取引先。 そこの控え室で備え付けのコーヒーを 飲んでいたら、丁度、お …

がんがくれた贈り物=キャンサーギフト。柔らかな日の差す両国橋を渡った先で、自転車に遭遇。亡くなった友を思い出す。

自分の身の回りに、がんになった人、 たくさんいます。 自分より年下なのに、亡くな …

鍵がない! 家中を捜索。知人は全身ひも男。

あなたは財布、カギ、携帯電話、 スマートフォンなど大切な物を なくしたことはあり …

名古屋の地名「鶴舞」はどう読むべき? 鶴舞駅、鶴舞公園は読み方が違います。

つい先日、久しぶりに名古屋に 日帰り出張しました。 取引先の最寄り駅は鶴舞駅。 …

タンデム自転車(2人乗り)、群馬県で解禁。一般道でも乗れるように。

タンデム自転車。 ご存じですか? サドルとペダルが2人分ある2人乗り自転車です。 …

知らず知らずについたひずみを他人から教えられる。背中のゆがみ、ソファのくぼみ。

知合いが、この頃、ものすごく目がつらく、 肩も凝るというので、眼科、整体などに …