亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

伊豆・宇佐美のペンションから、ホタル観賞のお誘いが来たが。

   

静岡県伊東市の宇佐美にあるペンション。

もう10年ほど前になりますが、
定期的に泊まっていました。

そこから毎月、催しもののお知らせとともに、
ペンション近くの季節の花、動物、虫などの
自然についてのお便りがメールで届けられます。

先日、来ていたものには、6月初めから、
近くの川、公園で毎年恒例のホタルの観賞が
出来ますと書いてありました。

そう言えば、6月に泊まった時、
夜にペンション近くの川に、
ホタルを見に行ったことを思い出しました。

当時、そこはホタルを見る場所としては、
有名ではなく、地元の人だけが知っている
まさに知る人ぞ知るという穴場。

なので、その宿で一緒だった人と、
ご近所に住む家族連れくらいしか
人はいませんでした。

また遠くに街灯などの人工的な光がなく、
ホタルのかぼそい光を味わうには最適な
場所だったのです。

ところがメールによれば、なにかで
紹介されたらしく、年とともに人は
増えていき、混雑するようになったそう。
その一方で、川の水量が減り、そのせいか
ホタルの数が減ってしまったとのこと。

伊東観光協会オフィシャルサイト
《ほたる観賞会》
http://itospa.com/hotaru/

なんだか残念ですね。

それとは逆に、一度、激減してしまったホタルを
町の人の努力で復活させた所もあります。

長野県辰野町
《ホタル保護の歴史》
http://kankou.town.tatsuno.nagano.jp/firefly/info/detail16.html

この辰野町とは違う場所ですが、
長野県の村にやはり定期的に通っていた頃、
村の人から、ホタルの名所に連れて行って
もらったことがあります。

そちらの方は都会からかなり離れているためか、
まだ以前と同じくホタルが群れ飛んでいるようです。

こうしてまだ現状を維持している場所もありますが、
先に書いたように、数が少なく荒れている場所も。

行けるときに、無理をしてでも、
行かないと、後で嘆くことになるかもしれません。

ホタルから、今、
行動する大切さを
知らされました。

2004年の出版ですが、現在はどうなっているのでしょうか?

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

うなぎ犬ならぬ、「うなぎ味のナマズ」を近畿大学が開発、鹿児島で養殖の予定。

近畿大学と言えば、マグロを完全養殖したことで知られていますね。 そのおかげか、受 …

知合いが、泣きながら食べたコッペパン。思い出料理人。

昨日、2017年3月1日、 浅草橋の福井町通りを歩いていたら、 《コッペパンカフ …

年齢を重ねても骨折知らずの叔母さんのお土産はワカサギの唐揚。一物全体。食材はまるごと食べる。

先日、90歳近くに成っても元気に動き回る 叔母さんが久しぶりにわが家にやってきた …

倉敷の病院の採用試験。米1粒の寿司、15ミリ四方の紙で鶴を折る。15分で、それぞれいくつできるか。

浅草に米一粒のにぎり寿司を握る寿司店があり、 外国人の観光客にも人気だそう。 そ …

神武天皇は実在の人物か? 三原じゅん子氏への池上彰氏のインタビューを巡って。「八紘一宇」。紀元節、建国記念の日。

参議院選挙の開票の様子を伝える テレビ東京の選挙特番「池上彰の参院選ライブ」を …

「お湯拭きしなさい」。友達はそういった。その効能は?

家、事務所はフローリング。 冬でも基本的に裸足で、 その中をうろうろしています。 …

知合いの家は家中に紙をはさんだバインダーとスタンプが。これが健康維持の極意と言うが……。

年配の知合いの方と、 先日、話した時のこと。 毎日の暮らしぶりについての 話題と …

肝腎=最も大事なところ。腎臓を温めると病知らず。カイロを貼ると目が楽。眼精疲労に効果あり。

温活をしています。 食べ物、サプリメント、運動、 様々なグッズを使って、 体が冷 …

最期まで現役。医師の日野原重明さん。105歳で亡くなる。

100歳を過ぎても医師、講演、執筆など 活動を続けていた日野原重明さんが、 20 …

日本のバイオリン王・鈴木政吉、「わしは二本のぼうで人生を乗り越えてきた。辛抱と貧乏だ」。

先日、2016年2月14日に、 東海テレビが制作した番組 「日本のヴァイオリン王 …