亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

こころの一冊「あやのねがい」。両目が見えなくなった父のためにお百度参りをした娘・あや。満願の日に現れたのは……。

   

「あやのねがい」という絵本をご存じでしょうか?

個人的にすごく思い出のある一冊です。

2015年5月22日、日本経済新聞夕刊の
連載「こころの一冊」で、
元茨城県筑西市率明野図書館長・三輪巴さんが
取り上げ、紹介されていました。

先に書いておきます。
「あやのねがい」は金の星社から、
1979年に刊行されましたが、現在品切れで重版未定。
読みたい方は図書館もしくは古本で手に入れるしかなさそうです。

図書館検索カーリル
https://calil.jp/

このお話になぜ思い出があるかというと、
祖母が絵本が出来る前に、
同じ話をしてくれていたからです。

愛媛、それも東予地方に伝わる話なんですね。

ひょうさくという漁師と娘のあや。
父は娘が作った弁当を持って
漁にでかけたものの、1匹も釣れません。
それどころか風は吹き、波はあれ、
しけになってしまいました。
病気で両目を失った龍のせいでした。

その龍は、ひょうさくに持ちかけます。
「おまえの目をくれれば、嵐を鎮める」と。

命の代わりに両目を失い、戻ってきた父を
かいがいしく世話するあや。
やがて長者様の屋敷で働くことになります。

長者は、父の目を治すために、
氏神様に百度参りをすることを勧めます。

百日目の満願の日。
あやの前に現れたのは……。

記事では、それを書いています。
現れたのは?
そして、父の目は、あやはどうなるのでしょうか?

大きくなって、この本が出ていることを
教えてもらいました。

作者は黒河松代さん。
大阪市生まれですが、戦時中、
愛媛県今治市で、暮らしたとのこと。

「あやのねがい」は、今治市内を流れる
蒼社川をイメージに描いたそうです。

今治、蒼社川を良く知っているだけに
一層、親しみを覚えたのかもしれません。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

善循環。見たり聞いたりしたことありますか?

「善循環」という言葉をご存じでしょうか? 2015年7月22日、日経流通新聞の連 …

岐阜の高山の介護施設で3人死亡。怪我も相次ぐ。母が同級生を心配して連絡したら……。

新聞、テレビで詳しく伝えられていますが、 岐阜県高山市の介護老人保健施設で、 7 …

「温活」継続中。1年前に較べ体温が上がり調子よし。白湯、スクワット、ルームシューズ。末端温め。

丁度1年前、体温を久しぶりに測ったところ、 若い時に較べ、かなり低くなっており、 …

鳥取県にスタバ1号店。2015年5月23日にスターバックス コーヒー シャミネ鳥取店オープン。

日本の都道府県の中で唯一、スターバックスが 進出していない県、それが鳥取県。 「 …

年寄りは年寄りが嫌い。年寄りが出ているテレビ番組を見ていると、変えろという母。

朝や昼など、食事をとりながら、 母とテレビを見ることが結構あります。 その時、大 …

少しでもはやく良くなるために。上手な医者のかかり方。記録、メモ。

ここ最近、病院に通ったり、 大病を患って通院、入院した身内、 友人の話をいろいろ …

夏休みに断食で体をリフレッシュする知合い。

先日、夏休み中に、パソコン、 スマートフォンから離れる デジタル断食を行なう取引 …

日野原重明先生。10月4日で104歳。「10月4日 104歳に 104句」。

最年長の現役医師・日野原重明先生。 2015年10月4日で104歳になられました …

知人がこの冬、買って感動するほど良かったものは? 卓上切り出し七輪。

久しぶりに食通の知人に会いました。 会ってすぐに彼が話し始めたのは、 この冬買っ …

「花は心の食べ物です」。南房総。戦争中、花を守った川名りんさん。

先日、友達と一緒に房総半島の 鴨川に行ってきました。 意外だったのは、キンセンカ …