亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

こころの一冊「あやのねがい」。両目が見えなくなった父のためにお百度参りをした娘・あや。満願の日に現れたのは……。

   

「あやのねがい」という絵本をご存じでしょうか?

個人的にすごく思い出のある一冊です。

2015年5月22日、日本経済新聞夕刊の
連載「こころの一冊」で、
元茨城県筑西市率明野図書館長・三輪巴さんが
取り上げ、紹介されていました。

先に書いておきます。
「あやのねがい」は金の星社から、
1979年に刊行されましたが、現在品切れで重版未定。
読みたい方は図書館もしくは古本で手に入れるしかなさそうです。

図書館検索カーリル
https://calil.jp/

このお話になぜ思い出があるかというと、
祖母が絵本が出来る前に、
同じ話をしてくれていたからです。

愛媛、それも東予地方に伝わる話なんですね。

ひょうさくという漁師と娘のあや。
父は娘が作った弁当を持って
漁にでかけたものの、1匹も釣れません。
それどころか風は吹き、波はあれ、
しけになってしまいました。
病気で両目を失った龍のせいでした。

その龍は、ひょうさくに持ちかけます。
「おまえの目をくれれば、嵐を鎮める」と。

命の代わりに両目を失い、戻ってきた父を
かいがいしく世話するあや。
やがて長者様の屋敷で働くことになります。

長者は、父の目を治すために、
氏神様に百度参りをすることを勧めます。

百日目の満願の日。
あやの前に現れたのは……。

記事では、それを書いています。
現れたのは?
そして、父の目は、あやはどうなるのでしょうか?

大きくなって、この本が出ていることを
教えてもらいました。

作者は黒河松代さん。
大阪市生まれですが、戦時中、
愛媛県今治市で、暮らしたとのこと。

「あやのねがい」は、今治市内を流れる
蒼社川をイメージに描いたそうです。

今治、蒼社川を良く知っているだけに
一層、親しみを覚えたのかもしれません。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

「再審開始は針の穴をラクダが通るくらい難しい」。針の穴、ラクダ。この出典は?

お昼のワイドショーを見ていたら、 20年ぶりに釈放された2人の方の ニュースを取 …

金山寺味噌は夏の食べ物。苦手だった子どもの時。大人になって食べたら……。

金山寺味噌。 あなたはご存じですか。 2017年9月9日、読売新聞夕刊の 連載《 …

白髪染めをやめる同年代の友人、増える。

先日、テレビをつけたら、 俳優の陣内孝則さんが出演していました。 驚きました。 …

出張ついでの休暇「ブリージャー」。母に話したら、「私たち、そんなの昔からやってたわ」。

先日、朝日新聞で、「プリージャー」という言葉に 関する記事が出ていました。 《出 …

かつて学校一将棋が強かった同級生。今は小学生にひねられる。

今、14歳の藤井聡太4段が 大きな話題になっていますね。 特製ファイルは即時完売 …

サンマ不漁、やせて小さな初さんま定食を食べて思い出した「サンマの教え」。

サンマが不漁で 気仙沼で開かれる予定だった 「『海の市』サンマまつり」が 中止に …

お母さんが亡くなった知合いがお寺から渡された紙を見て、考えたこととは?

親しい取引先の方が、 新年早々、お母様を亡くされました。 取引先は東京住まい。 …

母が捨てずに残しておいたチラシは、血赤珊瑚買い取りのものだった。帯留め、ネックレス。

ここ何年か、家にチラシや電話で、 金を初めとする貴金属買い取りの 依頼がたくさん …

「鑿(のみ)と言えば槌(つち)」。気働き。「一を聞いて十を知る」。

あなたは、 「鑿(のみ)と言えば槌(つち)」(もしくは「鑿と言わば槌」) という …

スマホカメラでビデオ動画を取り、近況を知らせる70代の知合い。

現役時代は、ずっといわゆる ガラケーを使っていた知合い。 スマートフォンは使った …