亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

がん治療からまもなく10年の友達。一病息災で助かった命。

   

先日、会った友達。
今の姿からすっかり
忘れていたのですけれど、
がんの大手術をしたがん患者です。

手術をしてもらった先生からは、
「10年治療に通いなさい」と言われた期限が
あと2ヶ月でやってくると。

今のところ、再発、転移はしていないそうです。

今、一番気をつけているのは、こけないこと。

というのは骨がもろく、すかすかの状態で
骨粗鬆症一歩手前なんだとか。

こけて骨折すると寝たきりになる
可能性が高いので、こけないよう
気をつけているという訳です。

もともと骨を形成する能力が低い
という体質に加え、
抗がん剤治療の副作用で骨が弱く、
骨の密度が低くなったんだそう。

この10年で良かったのは、
月に一度の治療・診察に通い続けたおかげで、
体調、体質を、医師はもちろん、
自分もしっかりと把握することができ、
自分の体の変化に敏感になったこと。

「一病息災」とはよく言ったもので、
病を一つ抱えていると、それによって
体をよく観察し、体に悪い習慣はやめ、
良いことをしようという気持ちになり、
実行できたんだそう。

友達曰く、今や日本人の2人に1人が
がんで亡くなる時代。
がんをきっかけに、自分の体に
向き合うことが重要と。

〇10年の間にがん治療は、手術、薬、
検査の精度など驚くほど、
進歩しているんだそう。
〇初期のがんならほぼ確実に直ると
言えるとか。
〇初期のうちに直すためには、やはり
早期発見が必要。定期的に検診を受けること。
〇また日頃から自分の体調、変化に気をつけること。
少しでもおかしいと思ったら、病院に行く癖を
つける。
〇気軽に相談できるかかりつけの医師を持つ。
〇がん、病気に関する知識をつける
医者任せではダメ。治すのは自分。

病から多くのモノを得ている友達。
彼女からたくさんのことを学びました。

 

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

選挙権あるんだから、酒・たばこ、さらに競馬も18歳解禁へ。自民党が成人年齢引き下げを提言。

選挙権。 18歳からに改正されました。 これに伴って、酒・たばこ、さらに競馬・競 …

「京の蛙と大阪の蛙」。梅雨入り前に、近所の公園で少なくなった蛙を見かけて。

東京ではカエルを見ることが少なくなりました。 けれど、先日、雨の降った日、近くの …

「快気祝い」、誰から誰に贈るもの? ガンから復帰した甘利議員が受け取ったお金の趣旨は「快気祝い」?

東京新聞の 《知りたいコトバ 知っている?言葉》という連載。 校閲部の方がニュー …

疲れた脳の休め方。簡単にできる方法。教えてくれたのは、ハンドマッサージ。五感をバランス良く使う。

現代人は、五感の中で、 視覚を最も酷使していて、 続いては聴覚。 余り使っていな …

高齢者は1日6食(多食)。少しずつ何度でもで、栄養失調を防止。順番にも注意。タンパク質から。

高齢になると、一度に食べられる量が減るようです。 80歳を過ぎた母は、このところ …

電気調理鍋、高齢者にこそお勧め。三浦雄一郎さんの父・敬三さんも愛用。

80歳を超えてエベレスト登頂に成功した 冒険家の三浦雄一郎さん。 そのお父様・三 …

名前にちなんだ「和」の字を、外出先で撮影して集める夫婦。

みうらじゅんさんによる 「アウトドア般若心経」。 ご存じですか? 「般若心経」は …

「食の記憶」。卵かけご飯の思い出。一個を妹と二人で。先に卵をかけさせていた姉の思惑とは?

卵かけご飯。 今はほとんど食べなくなってしまったのですけれど、 聞くだけで懐かし …

備えはしていても、物の使い方に慣れていなければ宝の持ち腐れ。早朝の地震で飛び起きて。

2015年9月12日、早朝、東京を含め、 関東の広い地域で地震がありました。 住 …

札幌のコンビニで会計前にアイスを食べ始めた中国人妻。注意した店員、夫妻から暴行される。

札幌のコンビニで店員に暴行をした 新婚旅行中の中国人夫妻が逮捕されました。 店員 …