亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

がん治療からまもなく10年の友達。一病息災で助かった命。

   

先日、会った友達。
今の姿からすっかり
忘れていたのですけれど、
がんの大手術をしたがん患者です。

手術をしてもらった先生からは、
「10年治療に通いなさい」と言われた期限が
あと2ヶ月でやってくると。

今のところ、再発、転移はしていないそうです。

今、一番気をつけているのは、こけないこと。

というのは骨がもろく、すかすかの状態で
骨粗鬆症一歩手前なんだとか。

こけて骨折すると寝たきりになる
可能性が高いので、こけないよう
気をつけているという訳です。

もともと骨を形成する能力が低い
という体質に加え、
抗がん剤治療の副作用で骨が弱く、
骨の密度が低くなったんだそう。

この10年で良かったのは、
月に一度の治療・診察に通い続けたおかげで、
体調、体質を、医師はもちろん、
自分もしっかりと把握することができ、
自分の体の変化に敏感になったこと。

「一病息災」とはよく言ったもので、
病を一つ抱えていると、それによって
体をよく観察し、体に悪い習慣はやめ、
良いことをしようという気持ちになり、
実行できたんだそう。

友達曰く、今や日本人の2人に1人が
がんで亡くなる時代。
がんをきっかけに、自分の体に
向き合うことが重要と。

〇10年の間にがん治療は、手術、薬、
検査の精度など驚くほど、
進歩しているんだそう。
〇初期のがんならほぼ確実に直ると
言えるとか。
〇初期のうちに直すためには、やはり
早期発見が必要。定期的に検診を受けること。
〇また日頃から自分の体調、変化に気をつけること。
少しでもおかしいと思ったら、病院に行く癖を
つける。
〇気軽に相談できるかかりつけの医師を持つ。
〇がん、病気に関する知識をつける
医者任せではダメ。治すのは自分。

病から多くのモノを得ている友達。
彼女からたくさんのことを学びました。

 

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

「借金ができる甲斐性」。亡くなった祖母が語っていた言葉。

昨日、このブログで女優の藤山直美さんの お父さんである、 藤山寛美さんのことを書 …

あっぱれな同級生。ひっそりと被災地通い、そして途上国支援を続ける。「陰徳を積む」。

明日、3月11日。 東日本大震災から5年が過ぎようとしています。 直接ではないの …

「泥棒も客や」。今も覚えている母の言葉。がんこフードサービス会長小嶋淳司さん。

「ねじり鉢巻きのおやじ」が看板の 「がんこ寿司」、ご存じでしょうか? あの看板は …

少しでもはやく良くなるために。上手な医者のかかり方。記録、メモ。

ここ最近、病院に通ったり、 大病を患って通院、入院した身内、 友人の話をいろいろ …

手放したレコードを買い戻す。レコードプレイヤー、レコード針など一式を買いそろえた知合い。

あなたは若い頃、どんなもので 音楽を聞いていましたか? CD、MD、カセットテー …

「そもそも」の意味って? 国会の安倍総理の答弁「そもそも=基本的に」は間違い、それとも正しい? どの辞書に書かれているのか?

そもそもこんなことを問題にする 必要はあるのでしょうか? 「そもそも」をテーマに …

佐野研二郎氏デザインの東京五輪エンブレム。使用を中止する方針。大会組織委員会。

東京五輪大会組織委員会は、 2015年9月1日、佐野研二郎氏のデザインした エン …

「実は世の中ほど甘いものはない。人生は何回でもやり直しできるから頑張れ」。ラサール石井さんの恩師入江先生の言葉。

ラサール石井さんが、60歳で東大合格するため、 受験勉強をされているのだそう。 …

定期的に五感を刺激してリフレッシュ。長生き、健康のコツ。

人は惰性の生き物。 前の日と同じ事をしがち。 同じ時間に起き、同じモノを食べ、 …

「リバーシブルの服と十徳ナイフは買うな」との教えの意味は?

リバーシブルの服はお好きですか? 先日、知り合いから指摘されて、 改めて気づいた …