亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

がん治療からまもなく10年の友達。一病息災で助かった命。

   

先日、会った友達。
今の姿からすっかり
忘れていたのですけれど、
がんの大手術をしたがん患者です。

手術をしてもらった先生からは、
「10年治療に通いなさい」と言われた期限が
あと2ヶ月でやってくると。

今のところ、再発、転移はしていないそうです。

今、一番気をつけているのは、こけないこと。

というのは骨がもろく、すかすかの状態で
骨粗鬆症一歩手前なんだとか。

こけて骨折すると寝たきりになる
可能性が高いので、こけないよう
気をつけているという訳です。

もともと骨を形成する能力が低い
という体質に加え、
抗がん剤治療の副作用で骨が弱く、
骨の密度が低くなったんだそう。

この10年で良かったのは、
月に一度の治療・診察に通い続けたおかげで、
体調、体質を、医師はもちろん、
自分もしっかりと把握することができ、
自分の体の変化に敏感になったこと。

「一病息災」とはよく言ったもので、
病を一つ抱えていると、それによって
体をよく観察し、体に悪い習慣はやめ、
良いことをしようという気持ちになり、
実行できたんだそう。

友達曰く、今や日本人の2人に1人が
がんで亡くなる時代。
がんをきっかけに、自分の体に
向き合うことが重要と。

〇10年の間にがん治療は、手術、薬、
検査の精度など驚くほど、
進歩しているんだそう。
〇初期のがんならほぼ確実に直ると
言えるとか。
〇初期のうちに直すためには、やはり
早期発見が必要。定期的に検診を受けること。
〇また日頃から自分の体調、変化に気をつけること。
少しでもおかしいと思ったら、病院に行く癖を
つける。
〇気軽に相談できるかかりつけの医師を持つ。
〇がん、病気に関する知識をつける
医者任せではダメ。治すのは自分。

病から多くのモノを得ている友達。
彼女からたくさんのことを学びました。

 

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

「花は咲いているけれど、見る人の心のありようで、見えたり見えなかったりする」。いつも通る店の藤の花に気付かなかった自分。

先日、母と近所を歩いていたら、 母が「もう藤が咲いている」と言いました。 藤には …

読書に目ざめた知人からさらなる情報。LED付きリーディンググラスでどこでも快適読書。

先日、LED付きルーペから、読書灯を交換し、 再び、読書にはまったという知人につ …

銭湯で見た紐付きへちまたわし。夏休みの宿題、ヘチマたわし作り。

銭湯によく通っています。 先日、訪れた時に、懐かしい気持ちになりました。 それは …

週刊新潮が、週刊文春は不正に入手した中吊り広告で「スクープ潰し」との記事。スクープとは? 独占スクープ、単独スクープ。

週刊新潮が、2017年5月18日発売の号で、 ライバル誌である週刊文春が、新潮の …

乾物を使ったサラダ、美味しさと簡単さに驚く。ヨーグルト戻し。乾物ヨーグルト。

少し前、無糖のプレーンヨーグルトで 乾物を戻して食べる「乾物ヨーグルト」が 女性 …

柏餅に関するわが家の教え。あなたは、違いの分かる人間か? 小豆あんと味噌餡の見分け方。

2017年5月。 まもなく5月5日、端午の節句ですね。 もう柏餅は召しあがりまし …

老朽化した自宅に住む親を介護付きマンションに体験入居させたら。温度差のない家は寿命を延ばす。

同年代の知り合いと、先日、 雑談していたら、親の話に。 実家は、その知り合いが中 …

夏の沖縄。「ジーマミ豆腐」にはご用心。ピーナッツアレルギーの人、病院に駆け込む。

夏休みに沖縄に旅行という方も多いのでは。 美しい海とともに沖縄独特の料理も魅力で …

「話す」ことは「放す」こと。悩み、問題を誰かに話しなさい。心はそれらから放されます。

友達から教えてもらった言葉を記しておきます。 それは、 『「話す」ことは「放す」 …

懐かしや、乾布摩擦。知合いは日本手ぬぐい、シルクで実施。ストレッチも加える。凝り知らず。

大昔、幼稚園に通っていた頃、 冬の季節、登園して、みんなが集まると、 部屋に広が …