亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

健康麻将ってご存じ? 知合いが両国の麻雀倶楽部に。

   

あなたは麻雀をやりますか?

今、若い人の間では実際に
4人集まっての麻雀は余り人気がないよう。
麻雀のルールも知らないという人が
増えているみたいですね。

毎年、春先に定期的に訪れている取引先。
麻雀をしたことがない、知らないという
若者ばかりで驚きです。

自分が大学生になった頃、同級生や先輩と
雀荘に行ったり、お金がないときは、
友達のアパートで麻雀をやりました。

社会人になってからは、
麻雀とゴルフはサラリーマン特に
営業の必須科目なんて言われて、
得意先と麻雀をしたものです。

その取引先で知り合った先輩。
大学の時に就職か雀士かと
迷ったほどの麻雀の腕前でした。

定年になってからは、4人集めることが
難しく、ネットで楽しむ程度だったそう。

あるとき、雑誌で、4人がコミュニケーションを
測りながら行ない、また指先で牌を扱う麻雀は、
認知症予防に良いとの記事を読んだそう。

さらに「健康麻将」と言って、
「賭けない 飲まない 吸わない」が
モットーの麻雀があることを知ったと言います。
(昼間だけ)

調べてみたら、先輩の家のすぐ近く、
両国に倶楽部があったとか。

かぼちゃ倶楽部
http://kabocha.school/

日本健康麻将協会
http://kenko-mahjong.com/index.php

行ってみると、年配の方はもちろん、
意外に若い人も来ているのに驚いたそう。

初心者のための教室もあり、
中級以上の人は、
この健康麻将のルール・マナーをもとに、
卓を囲んでプレーすることが可能。

やっていくうちに、勘を取り戻していき、
頭に汗をかくような、とても楽しい時間を
過ごせたといいます。

かつての雀友に連絡をとって、
久しぶりに卓を囲もうかと
連絡してみるつもりとのこと。

なんだか話を聞いているだけで楽しそう。

年を取っても楽しめる趣味があるって
いいなと感じました。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

朝日新聞連載の「折々のことば」を毎日書写する知人。読み、切り抜き、書き写し、貼るというアナログな行為が言葉を血肉にする。

以前、このブログで、毎日、筆ペンや筆で、 自分の好きな言葉や偉人の言葉を手書きす …

美術家・篠田桃紅さん。「103歳になってわかったこと」。

篠田桃紅さん。 ご存じでしょうか? 墨書のほか、金箔、朱泥を使った書や、 壁画・ …

「くるみペーストを買って」と頼んだ母。テレビの影響。

「ブロッコリースプラウト」。 ご存じですか? ブロッコリーのもやし(芽)です。 …

久しぶりに昔、通った田舎料理の店を訪ねたら……。

このところ、新宿三丁目の2つの取引先に、 毎週、定期的に通っています。 どちらも …

60過ぎの知合いの記憶力強化法とは? 無駄なことは覚えない。

あなたは、記憶力が良い方ですか? 自分は平均的だと思っていたのですが、 先日、あ …

中高年男性に服のアドバイスをする女子中学生社長。孫を専属スタイリストにし若返った知合い。

退職すると困ることの一つが、 外出の時や家にいるときに着る 服装だと言います。 …

人生は脇道、寄り道、曲がり道。

先日、地下鉄の駅から自宅への帰り道にある、 飲み屋の前で、「寄り道セット1000 …

知人のお母さんが毎日、「トットちゃん!」を見ながら行なっていること。

現在、テレビ朝日系で お昼の12時30分~12時50分に 放送中のドラマ「トット …

杏ジャムの思い出。都議選の投票会場の小学校で思い出す。ペンション特製の杏ジャム。

東京都都議選。 2017年7月2日に行なわれました。 その投票会場になっていたの …

疲れた脳の休め方。簡単にできる方法。教えてくれたのは、ハンドマッサージ。五感をバランス良く使う。

現代人は、五感の中で、 視覚を最も酷使していて、 続いては聴覚。 余り使っていな …