亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

久しぶりに会ったイタリア人の友人達2人。未婚の母と別居生活開始。惰性で生きない。

   

2017年10月8日、
あるお祝いのパーティーに出席。

知合いや友達の
イタリア人、日本人が
多数出席していました。

その中の1人が
2年ぶりくらいに会った
知合いのイタリア人。

傍らに小さな男の子が、
よちよち歩きしていました。

1歳3ヶ月だそう。
その知人のお子さんでした。

彼女はいわゆる未婚の母で、
結婚せず子供だけ産んだとのこと。

子供が産みにくく年齢になるので、
将来の自分の人生を考えたときに、
子供がいた方がより幸せと思い、
決断したんだそう。

1人親だけれど、しっかりと
子供を育て、親子で幸せになりたい
と話してくれました。

もう1人は半年ぶり位にあった
やはりイタリア人の友人。

彼女は結婚し、子供もいます。

一緒に行った他の友達と、
彼女の話を聞いていたら、
とても仲の良かった旦那さんと
少し前から別居しているんだとか。

離婚した訳ではなく別居。

旦那さんは現在、とても仕事が忙しく、
家庭にかまってはいられない。

夫側から言えば、
仕事により専念するため。
妻側から言えば、一緒にいても
家庭生活をまともに送れなく、
一緒にいる意味がな。またいても
ストレスがたまるだけ。
ならば別居した方がより良い毎日が送れる。

それが別居の理由のようです。

2人に共通しているのは、
現在、そして将来の自分(や子供)が
幸せがどうか。

幸せというのは、金銭的、
物質的な側面より、
自分の心が満足しているかどうか。

満足出来ない状態であれば、
満足できる状態にするよう、
環境を変えるなど、
なんらかの行動をおこす。

そうした強い意志を、
2人に感じました。

自分の周囲には、こうした
自分の人生は自分が切り開く
という強い意志を持った人が
多いようです。

もちろん自分の意志で
どうにもならないことは、
人生にはたくさんありますが、
ともかく自分の人生はできるだけ自分で
コントロールしたいとの考えを
持っている人が多いということです。

なんとなく惰性でとか、少し我慢して
という生き方を断固拒否する人たちです。

自分はどちらかというと、
状況に流されやすい、
惰性で生きる人間なので、
2人の決断にとても大きな刺激を受けました。

 

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

NHK「ファミリーヒストリー」で、鳥越俊太郎氏の家系図に誤り。親戚の叔父さんが家系図、ご先祖様を調査したが……。

NHKの番組「ファミリーヒストリー」。 タイトル通り、有名人の家族の歴史を、 本 …

「お前はまだ人生の歌を残していない。生きて、歌を残しなさい」。イヌイットの古老が若きC.W.ニコルさんに語った言葉。

作家のC・W・ニコルさん。 長野県の黒姫の山に、「アファンの森」を作り、 自然を …

2015年の「七味五悦三会(しちみごえつさんえ)」。最後に近所のラーメン店のラーメンが七味に入るか。

2015年もあと1日となりました。 仕事を終え、家の掃除に追われている という方 …

コーヒー、緑茶で病死の危険が減少。国立がん研究センター、東大が発表。

毎日、朝と夕に緑茶。 そしてコーヒーを飲んでいます。 下の死亡率が低い条件にぴっ …

認知症に効果? 夢の薬、物質か、「プラズマローゲン」。日本が精製、実験中。

認知症。 高齢化社会を迎えた日本だけでなく、 世界的にも患者が増えている病気です …

故郷から送ってきた十年熟成自家製味噌。知人がその味噌汁を飲みながら、感じた時の流れ。

知合いの故郷は長野県。 蔵がある代々続く農家です。 東京に住む知合いのもとに、 …

高山に住む母の同級生からの電話。病院で診てもらったら、「栄養失調」だった。

岐阜県高山市に住む母の同級生から、 母に、2015年11月14日、電話があったそ …

101歳の写真家・笹本恒子さん。新刊本「好奇心ガール、いま101歳: しあわせな長生きのヒント」と写真展「笹本恒子100歳展」開催。

日本の女性初の報道写真家・笹本恒子さん。 この9月1日で101歳を迎えられました …

「水の流れとか、雲とか、人工的に作れないものを1日10分でも見る」。テリー伊藤さん。「自然には直線がない」。

毎日新聞夕刊の連載、「私だけの東京 2020に語り継ぐ」。 演出家のテリー伊藤さ …

「体は柔らかい? 体が硬いと心も硬くなるよ」とストレッチを勧めてくれた70前の知合い。脚は180度開いて、おでこが床にぺたり。

70歳前の知合いに会いました。 元気で話すスピードも速くて圧倒されました。 握手 …