亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

母の実家・岐阜から届いた鮎の甘露煮。従兄弟が捕り、義理の叔母さんが作る。秋を感じる。

   

何年か前も届いた鮎の甘露煮。
今日、母のふるさと、岐阜から送られてきました。

鮎は従兄弟が実家の隣の川でとり、
(ヤナではなくおそらく網)
それを少し離れた所に住む
義理の叔母さんが甘露煮にしたものです。

母は小さい頃から鮎を食べてきたので、
鮎の味、甘露煮の味付けにかなりうるさいのですが、
義理の叔母さん(母の弟のお嫁さん)の
それはとても気に入っているようです。

鮎は、従兄弟が飛騨川に注ぐ支流で
とった落ち鮎。

産卵のためお腹に卵が一杯詰まっています。

落ち鮎は「秋の季語」にもなっていますが、
従兄弟の川では9月末から10月下旬がシーズンです。

従兄弟は釣った鮎を、
義理の叔母さんのところに持っていき、
甘露煮に加工してもらいます。

従兄弟自身も甘露煮にするのですが、
(以前はそれを送ってくれた)
叔母さんの方が味付け、調理が
上手なので、そうしているよう。

叔母さんの出身は、
岐阜市から上流の関市。

そこの実家では、しょうゆ、みりん、
さとう、酒そして山椒の実を使って、
圧力鍋で煮込むそう。

母曰く、岐阜では山椒ではなく、
しょうがを使うのが一般的とのこと。

見た目は茶色で辛そうですが、
口に含むと意外とあっさりしていて控えめな味。
山椒がアクセントとしてよく効いていて、
甘みを引き締めます。

圧力鍋で煮ているだけあって、
頭はもちろん骨まで柔らかで、
全部を食べることができるのが特徴です。

母はこの落ち鮎の甘露煮を食べると、
秋を感じるのだとか。

残念なのは、この鮎をとり、甘露煮にするのが、
従兄弟と叔母さんで止まっていること。

従兄弟の子どもさんや、叔母さんのところの
子ども、お嫁さんは、その技術を受け継いでいないこと。

この先、なくなってしまうのは、
とても惜しいですが、強要するわけにもいかず、
なんだか寂しいです。

 

 

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

没イチとは? 男一人でも生き生きになるか? 多くの人との付き合いが生きる活力に。

「没イチ」という言葉、お聞きになったことはありますか? 2016年3月22日、日 …

するめ健康法? 知人が毎日、持ち歩くものとは? 脳を活性化し、ドライマウスを防止。

まもなくお正月。 ちょっと気が早いでしょうか。 お正月の準備のために、 様々なも …

9月6日は「黒の日」。黒澤明監督の白黒映画の黒。祖母の2つの黒の教え。

9月6日。 語呂合わせで「黒の日」。 もともとは京都黒染工業協同組合が、 「黒染 …

マスターズ陸上。75~79歳の部門で3種目の世界記録保持の中野陽子さん、79歳。2016年の東京マラソンで世界記録を狙う。

以前、中野陽子さんという女性を ご紹介したことがあります。 「全日本マスターズ陸 …

元手なしで大もうけ? 知合いのマンションで起きたこと。民泊ビジネス。

民家に外国人観光客などを泊める民泊。 今、日本でも大きな話題になっていますね。 …

2099年3月31日が有効期限の取引先のカードを申請して思ったこと。

4月、新年度ということで、 身分証明とか、取引先の会社への入構証など、 あらゆる …

老朽化した自宅に住む親を介護付きマンションに体験入居させたら。温度差のない家は寿命を延ばす。

同年代の知り合いと、先日、 雑談していたら、親の話に。 実家は、その知り合いが中 …

最期まで現役。医師の日野原重明さん。105歳で亡くなる。

100歳を過ぎても医師、講演、執筆など 活動を続けていた日野原重明さんが、 20 …

ジョーバは物置の中の知人宅。今度のボーナスで狙うはコアトレチェア。

ジョーバ。 おぼえていらっしゃいますか? 当時、ナショナルが出していた 乗馬フィ …

夏こそゆっくり動け。無理がないので、体に負担少なく、自律神経のバランスが整うそう。

夏休み、大阪の祖母の家に行ったときのこと。 梅田の映画館で映画を見て、その後、ゲ …