亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

母の実家・岐阜から届いた鮎の甘露煮。従兄弟が捕り、義理の叔母さんが作る。秋を感じる。

   

何年か前も届いた鮎の甘露煮。
今日、母のふるさと、岐阜から送られてきました。

鮎は従兄弟が実家の隣の川でとり、
(ヤナではなくおそらく網)
それを少し離れた所に住む
義理の叔母さんが甘露煮にしたものです。

母は小さい頃から鮎を食べてきたので、
鮎の味、甘露煮の味付けにかなりうるさいのですが、
義理の叔母さん(母の弟のお嫁さん)の
それはとても気に入っているようです。

鮎は、従兄弟が飛騨川に注ぐ支流で
とった落ち鮎。

産卵のためお腹に卵が一杯詰まっています。

落ち鮎は「秋の季語」にもなっていますが、
従兄弟の川では9月末から10月下旬がシーズンです。

従兄弟は釣った鮎を、
義理の叔母さんのところに持っていき、
甘露煮に加工してもらいます。

従兄弟自身も甘露煮にするのですが、
(以前はそれを送ってくれた)
叔母さんの方が味付け、調理が
上手なので、そうしているよう。

叔母さんの出身は、
岐阜市から上流の関市。

そこの実家では、しょうゆ、みりん、
さとう、酒そして山椒の実を使って、
圧力鍋で煮込むそう。

母曰く、岐阜では山椒ではなく、
しょうがを使うのが一般的とのこと。

見た目は茶色で辛そうですが、
口に含むと意外とあっさりしていて控えめな味。
山椒がアクセントとしてよく効いていて、
甘みを引き締めます。

圧力鍋で煮ているだけあって、
頭はもちろん骨まで柔らかで、
全部を食べることができるのが特徴です。

母はこの落ち鮎の甘露煮を食べると、
秋を感じるのだとか。

残念なのは、この鮎をとり、甘露煮にするのが、
従兄弟と叔母さんで止まっていること。

従兄弟の子どもさんや、叔母さんのところの
子ども、お嫁さんは、その技術を受け継いでいないこと。

この先、なくなってしまうのは、
とても惜しいですが、強要するわけにもいかず、
なんだか寂しいです。

 

 

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

スイートコーンのゆでたてを食べながら、昔のモチトウモロコシを思う。

昨日、お隣の方から、 トウモロコシをいただきました。 お隣も知合いから、もぎたて …

一人サマータイムを続ける知合い。電車がら空き、仕事はかどり、定食屋でもすいすい。いいことだらけだそう。

一時期、省エネの観点から 盛り上がったサマータイム・夏時間。 どうなってしまった …

浜松に引っ越した友達の不満は、「スーパーに牛肉が売っていない!」。日本一のトンカツ、豚丼、生姜焼き。

久しぶりに友達(女性)に会って食事をしました。 少し前に、神奈川から浜松に引っ越 …

「ついになってしまった65歳。悪いことばかりじゃない」と知人。金曜日は銭湯の日。その訳は? シニア割引。

ついこの間、定年になった と思っていた知合い。 先日、あったらもう65歳だそう。 …

ロンドン近郊、ガトウイック空港近くに大規模油田を発見。

驚きました。 ロンドン郊外のガトウイック空港。 中心部から南におよそ45キロ。 …

久しぶりに昔、通った田舎料理の店を訪ねたら……。

このところ、新宿三丁目の2つの取引先に、 毎週、定期的に通っています。 どちらも …

スポーツ庁がスニーカー通勤を推進。健康増進・医療費削減が目的。

サラリーマンの方、 通勤や外回りにはどんな靴を はいていらっしゃいますか。 スポ …

宮崎市の暴走事故。運転していた73歳の男性、認知症で通院。車庫入れ失敗、道がわからない。あなたにもそんな症状は?

宮崎市で2015年10月28日に起こった暴走事故。 2人の女性が亡くなられ、運転 …

遊牧民はカレンダーを持たないので誕生日を祝わない。郷ひろみさん、61歳。時の認識の善し悪し。

先日、NHKで 《“郷ひろみ”という生き方~60歳のエンターテイナー~》 の再放 …

小説は短編に限るという年配の知合い。毎夜、1話ずつ短編を読む。掌編小説、ショートショート。

自分もそうなのですが、 年齢を重ねると、 集中力が持続しづらくなります。 このた …