「ポケモン探しもいいけれど 自分がナニモンか探しませんか」、錦糸町にある本明寺の掲示板。

スポンサーリンク
未分類
untitled

押上の大黒湯という銭湯からの帰り。

タワービュー通りを錦糸町方向に向かって、
自転車を転がしながら歩いていたら、
通り沿いの掲示板に目がとまりました。

「ポケモン探しもいいけれど
自分がナニモンか探しませんか」

真宗大谷派本明寺の掲示板です。
(サイトに掲示板のフレーズを掲載しています。
残念ながら2014年10月から更新されていません)
http://www1.ttcn.ne.jp/honmyouji/

毎月1つ、
含蓄に富むフレーズが掲示されています。
こちらの前を通るときは、
いつも見ています。

このお寺の近くには錦糸公園があり、
そこはテレビでも報道されましたが、
ポケモンGOをする人が集まることで
知られている場所の一つです。

この後、北斎通りに出るまで、歩いたのですが、
夜10時すぎにもかかわらず、小学生、中学生と
思われる子どもたちに加え、20代とおぼしき
サラリーマン数人が、タワービュー通り沿いで、
スマホをのぞき込みながら、歩いていました。

みなさん、ポケモンを修行のように探し回り、
キャッチしているようです。

なので一層、掲示板の今回の
フレーズがぐっと刺さりました。

けれど一方で、そうなのかとも。

ここに書かれてある「自分がナニモンか探」す行為は、
少し前に話題となった「自分探し」とは異なるかもしれません。

が、もしそうだとしたら、余り感心しません。

「自分」って何だろうとの問いに対する
答えを求め、旅に出たり、
様々なセミナーに通ったり、
誰かにアドバイスを求めたり……。

それは果たして意味のあることなのだろうか
と考えるからです。

《「自分探し」なんてムダなこと。
「本当の自分」を探すよりも、
「本物の自信」を育てたほうがいい。》
《「自分以外の存在を意識せよ」》
と説く養老孟司さんの著書。

小さい頃からの仏像好き。仏教系の学校に通っていたので、
仏教にも詳しく、仏教関係の本も出版している
イラストレーターのみうらじゅんさん。

彼は「自分探しの旅」ではなく、
「自分なくしの旅」との小説を書いています。

以前、別のブログでも書きましたけれど、
東京新聞の4コマ漫画で、
「自分を探すより 仕事を探せ」との
内容の回がありました。

なんだかすごく腑に落ちました。

今の自分はあるべき自分ではない
本当の自分があるはずだ。
それを探す。

そうなのでしょうか?

「自分探し」は、「あるべき自分」ではなく、
「現実の自分」から逃避したいがための
言い訳、口実にしか思えません。

「自分探し」より、
今の自分を受け入れるところからこそ、
始まるという気がします。

もっともこのように考えられるようになったのは、
迷い多き「自己探し」の青春時代を過ぎ、
おじさんになってしまったからかもしれません。

Amazonサーチ
未分類
スポンサーリンク
nikitokiをフォローする
亀の知恵

コメント