亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

運動すると体重が減らなくても肝脂肪が減る―筑波大、男性肥満者169名を解析

   

筑波大学は2015年4月3日、 同大学の研究グループが、
「中高強度の身体活動量は、非アルコール性脂肪性肝疾患の
肝病態を改善させる」ことを解析したと発表しました。

2015年4月3日
《体重が減らなくても運動で肝脂肪が減る~中高強度の身体活動量は
非アルコール性脂肪性肝疾患の肝病態を体重減少とは独立に改善させる》
https://www.tsukuba.ac.jp/attention-research/p201504031400.html

なんだか内容は難しいのですが、
1日30分強、汗がにじむほどの運動(早歩きなど)を続けると、
体重が減らなくても、脂肪肝の症状が改善される
ということのようです。

〇減量介入試験(2009-2013年)に参加した
男性肥満者169名の成績に関して解析。
〇運動が非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)の
肝病態に与える影響を、その強度と量の観点より検討。
〇身体活動量を増やすほど、NAFLD肥満者の身体組成、
肝脂肪蓄積、糖脂質代謝、アディポカイン不均衡、
炎症・酸化ストレス状態に対する優れた改善効果が確認された。
〇週に250分以上のMVPA(運動によるエネルギー消費量が
安静時の3倍以上の運動)の実践は、
週150分未満、週150分以上250分未満の実践に比べると、
体重減少とは独立して、善玉コレステロールと抗炎症性アディポカインの増加、
肝臓の貯蔵鉄と過酸化脂質の減少を導き、酸化ストレス状態や
炎症病態を改善する効果が認められた。
〇週に250分以上のMVPAの実践が脂肪酸代謝を制御し、
肥満者の肝臓における脂肪蓄積を抑える効果があるものと推測された。
〇ちなみに非アルコール性脂肪性肝疾患は、
国内患者はおよそ1000万人。
肥満の人のほぼ3割。

自分もウォーキングを続けていますが、
ともするとだらだら歩いてしまいがちになるので、
スピードをあげて、強度を高めるように気をつけています。

 

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

手書きで紙に書く。悩み、苦しみから心を救う。「1分書くだけ 世界一シンプルなこころの整理法 」。

2015年5月21日、今秋月曜日発売の アエラを読みました。 手書きについての特 …

お母さんが亡くなった知合いがお寺から渡された紙を見て、考えたこととは?

親しい取引先の方が、 新年早々、お母様を亡くされました。 取引先は東京住まい。 …

60歳を超えた従兄弟が始めた趣味は、義太夫、浮世絵そして街道巡り。定年後の趣味の始め方のアドバイス。

先日、久しぶりに従兄弟に会いました。 結構、年が離れているのですが、 アパレル関 …

「孟宗の親孝行」。「雪中の筍」。敬老の日に思い出す祖母が語ってくれた話。

敬老の日の祝日。 あなたはどう過ごされましたか。 母は以前、敬老の日が 9月15 …

原節子さん逝去に感慨ひとしおの母と叔母さん。二人にとって自分の時代を象徴する人物の1人。

今朝、朝食をとりにダイニングに行くと、 下から新聞を持ってきた母と入り口のところ …

わが家と同じ除湿機を使っていた知合い宅。最新の除湿機に買い換え、その性能に驚く。

梅雨の時期。 続く雨に洗濯物が乾かないと お悩みのお宅も多いのでは? わが家も電 …

2015年9月21日、地下鉄半蔵門線車内の広告で思い出せなかった女優さんの名前。

祝日ですが、仕事があり、渋谷の取引先へ。 途中、半蔵門線を使いました。 座って、 …

年配の知り合いが、かかりつけの医師から飲むように言われた意外なものとは?

年配の知り合いが、 先日、かかりつけのお医者さんのところに。 持病があり、定期的 …

電気調理鍋、高齢者にこそお勧め。三浦雄一郎さんの父・敬三さんも愛用。

80歳を超えてエベレスト登頂に成功した 冒険家の三浦雄一郎さん。 そのお父様・三 …

「快気祝い」、誰から誰に贈るもの? ガンから復帰した甘利議員が受け取ったお金の趣旨は「快気祝い」?

東京新聞の 《知りたいコトバ 知っている?言葉》という連載。 校閲部の方がニュー …