亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

運動すると体重が減らなくても肝脂肪が減る―筑波大、男性肥満者169名を解析

   

筑波大学は2015年4月3日、 同大学の研究グループが、
「中高強度の身体活動量は、非アルコール性脂肪性肝疾患の
肝病態を改善させる」ことを解析したと発表しました。

2015年4月3日
《体重が減らなくても運動で肝脂肪が減る~中高強度の身体活動量は
非アルコール性脂肪性肝疾患の肝病態を体重減少とは独立に改善させる》
https://www.tsukuba.ac.jp/attention-research/p201504031400.html

なんだか内容は難しいのですが、
1日30分強、汗がにじむほどの運動(早歩きなど)を続けると、
体重が減らなくても、脂肪肝の症状が改善される
ということのようです。

〇減量介入試験(2009-2013年)に参加した
男性肥満者169名の成績に関して解析。
〇運動が非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)の
肝病態に与える影響を、その強度と量の観点より検討。
〇身体活動量を増やすほど、NAFLD肥満者の身体組成、
肝脂肪蓄積、糖脂質代謝、アディポカイン不均衡、
炎症・酸化ストレス状態に対する優れた改善効果が確認された。
〇週に250分以上のMVPA(運動によるエネルギー消費量が
安静時の3倍以上の運動)の実践は、
週150分未満、週150分以上250分未満の実践に比べると、
体重減少とは独立して、善玉コレステロールと抗炎症性アディポカインの増加、
肝臓の貯蔵鉄と過酸化脂質の減少を導き、酸化ストレス状態や
炎症病態を改善する効果が認められた。
〇週に250分以上のMVPAの実践が脂肪酸代謝を制御し、
肥満者の肝臓における脂肪蓄積を抑える効果があるものと推測された。
〇ちなみに非アルコール性脂肪性肝疾患は、
国内患者はおよそ1000万人。
肥満の人のほぼ3割。

自分もウォーキングを続けていますが、
ともするとだらだら歩いてしまいがちになるので、
スピードをあげて、強度を高めるように気をつけています。

 

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

ナス、トマトが美味しい季節。でも食べてのどがイガイガしたり、かゆみ、ありませんか? 隠れアレルギーにご注意。

冷やしトマト、焼茄子。 夏の時期、美味しいですよね。 これらを食べると、体の熱を …

老後破産。独身・一人暮らしの友達が老後について計算したら……。

同年代の独身の友人に、 先日久しぶりに会いました。 これまでいつも元気だったのに …

人心一新。あるレストランのリニューアル。自分で自分を一新する。

先日、聖路加国際病院の1楷にある レストランを訪れたら、メニューが変わっていまし …

認知症発表の大山のぶ代さんが、声優の仕事に復帰。認知症になっても仕事は可能。ケアの重要性。

2015年5月に、夫の砂川啓介さんが、 妻である大山のぶ代さんが 認知症の闘病中 …

折り畳み自転車を買って、自転車通勤を始めた知合い。一番の課題は汗対策。

10月、運動するのに とてもよい季節ですね。 知合いがついに自転車通勤を始めたそ …

「にらみ鯛」のないお正月。暮れになると毎年、魚屋に注文していた祖母。

Xmasがあけて26日。 近所では、毎年恒例の 「歳の市」が始まりました。 お正 …

人の名前が出てこなくなった高齢の知合いが、それを克服した自作のカルタとは?

この所、人・モノ・場所などの名前を すぐに思い出せないことが多くなりました。 そ …

「出会い水」とは? ご飯炊きも教育も最初が肝心。

新米の美味しい季節となりました。 美味しいお米を炊くのに、 非常に大切なのが、「 …

ANAがベトナム航空に出資、業務提携へ。マイレージも。2016年秋に共同運航を予定。

全日空が、ベトナム航空と提携を合意したと、 2016年01月12日に発表しました …

寝室から電気製品を排除し、健康になったという知合い。

知合いの方から、自宅の寝室から、 ありとあらゆる電気製品を取り除いたところ、 非 …