亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

最高齢の歌舞伎俳優・中村小山三さん。94歳で亡くなる。中村屋を三代にわたり支える。

   

現役最高齢の歌舞伎俳優・中村小山三さん(なかむら・こさんざ)さんが
2015年4月6日、亡くなられました。
四歳で三代目中村米吉(後の十七代目中村勘三郎)に弟子入り。
以来、なんと90年間の長きにわたり、
十七代、十八代、そして現在の中村勘九郎、七之助兄弟の
「中村屋」を支えてきました。

歌舞伎の舞台をご覧になったことがない方でも、
フジテレビでの中村屋の番組に登場して、
兄弟、また十八代目が幼いときから
ずっと演技指導したり、世話を焼く
小山三さんの姿を見たという方は多いのではないかと思います。

フジテレビ
《密着!中村屋ファミリー 大奮闘2014》
http://www.fujitv.co.jp/nakamuraya/story.html
《「ザ・ノンフィクション」
– 今がサイコー!94歳の歌舞伎役者・中村小山三(仮) -》
http://tvtopic.goo.ne.jp/program/info/797144/index.html

2014年の秋には、フジテレビで、
中村小山三さんを特集する
ドキュメンタリー番組がありました。

生い立ち、入門、これまで中村屋に使えてきた様子、
そして94歳のマンションでの1人暮らしの日々などが
紹介されていました。

歌舞伎界の出ではないので、主役にはなれない。
そこで頭を切り換えて、脇役に徹する。
芝居の事ならなんでも覚え、何か聞かれたら、
答えられるようにする。

そうした積み重ねで、十七代目勘三郎には
「俺が死んだときは小山三を棺桶に入れてくれ」、
十八代目中村勘三郎からは、
「家宝」とまで言われるようになったのです。

登場するだけで、声がとび、拍手がわく役者。
脇役では珍しいことです。
舞台に出ると、芝居がしまりました。

小山三さんの携帯ストラップもあるほどの人気。
気さくな人柄で、サインや写真撮影など気軽に応じてくれました。
歌舞伎座の楽屋口で出待ちの人とお話したり、写真をとったり、
サインをしたりする小山三さんの姿を何度も拝見しました。

番組のタイトルにもなっていますが、
「今がサイコー」と言っていらしていたのが
思い出されます。

今頃は、先代、先々代の勘三郎さんと
大好きな歌舞伎の話をしているのではないかと思います。

長い間、本当におつかれでございました。
素晴らしい舞台を見せていただいた感謝とともに、
心より哀悼の意を表します。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

人生、いつ何が起こるかわからない。備えの大切さを改めて。以前、泊まったホテルの露天風呂が流される。

台風にともなう大雨で、大きな被害が出ています。 まさかこれほどの被害になるとは。 …

ミニマリスト「好みの物に囲まれるな」。祖父「欲しいものより必要な物」。

新年。 初売りに出かけ、福袋をはじめ、 いろいろと買い込んだという方も多いことで …

「おいしい果物をお持ちしました」「いらない靴を引き取ります」。家に訪れる危ない人や電話。

仕事場から家に、昼ご飯を食べに 帰ってきたら、母が電話を受けていました。 どうや …

お母さんの手作りドーナツ。

ドーナツ、お好きですか? 今、コンビニストアでも売られていますね。 年齢のせいか …

Google Search Consoleから《ページにユーザー作成の JavaScript がある(重大な問題)》とのメールが。対処・修正方法。

2017年8月9日、 Google Search Consoleからメールが。 …

あなたの靴下は膝下までありますか? 膝下靴下をはき始めて、足元が暖かくなったと知人。意外に多い男性の脚のむくみ、冷え症。 

あなたの靴下の長さはどれくらいですか? かかとくらいまでの若者は別にして、 多く …

元アナウンサー・山川静夫さん。「説似一物即不中(せつじいちもつそくふちゅう)」とは?

10回にわたり朝日新聞夕刊に掲載されていた 山川静夫さんのインタビュー。 最終回 …

シンガポール、午後10時半から屋外での飲酒禁止。酒類販売も禁止。罰金あり。観光客も。

シンガポール。 ゴミのポイ捨て、ガムの所持、交通機関での飲食 公共のトイレの水の …

はざ掛け米。じっくり自然乾燥させ、甘みを出す。最期の一手間。

脳を鍛える漢字ドリル。 その見本を眺めていたら、 次のような問題が出てきました。 …

記憶力を強化して脳を活性化。話(ニュース)を聞いて、自分なりに伝える訓練で認知症予防。

少し前から母は、お医者さんから聞いたといって、 脳を鍛えるために、次のようなこと …