亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

北干住、銀糸町でもOK。ジョルダンの乗り換えサービス。間違いはビジネスのもと。

   

東京メトロ千代田線の北千住駅の
駅名表示が間違って、「北干住」と
なっていた。
そんなニュース、少し前お伝えしました。

鉄道の乗換案内サービスを提供しているジョルダン。
サービスを更新し、北千住を誤って「北干住」と
入力しても、変換候補に正しい駅名が表示できるように
したそうです。

http://www.jorudan.co.jp/

これは、もちろん上の話題を受けたもの。
これまでは、北干住と入力しても、
「該当する駅がありません」と表示していたそう。

ジョルダンは、なんでこのような対応をしたのか。

それは、間違いが多い誤入力はそれだけ需要があるから。

ジョルダンは、誤入力の情報を集め、
間違いが多い入力については、それに
対応するようにしているとか。

「錦糸町」の間違いの「銀糸町」もその1つ。

日本人でも駅名の読みが分からなかったりして、
うろ覚えだたり、見間違って誤入力することも。
外国人、手書き入力の間違いにも対応することで
利便性を高めるということのようです。

こうしたサービスは正しいことが正義ではない。
使う人のことを考えると、使う人が間違いやすいものは、
ソフト側(サービス提供側)が対応するというのが、
正しい姿。

「間違い・失敗に、新たなサービスや、
ヒット、成功のもとが潜んでいる」
とはよく言われていることですが、
ジョルダンの誤入力への対応もその1つなんでしょうね。

〇失敗学
《失敗知識データベースの一般公開を開始》
http://www.jst.go.jp/pr/info/info161/

〇失敗例を買い上げ、公開しているサイト

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

今まで包丁すら握ったことがない知合いから、鶏ハムと自家焙煎珈琲豆をもらった。自炊が寿命を延ばす?

以前、高齢者の世話をする専門家の方から お話を伺ったことがあります。 たくさんの …

最期まで現役。医師の日野原重明さん。105歳で亡くなる。

100歳を過ぎても医師、講演、執筆など 活動を続けていた日野原重明さんが、 20 …

最近、広い空を見ていない。湘南に行って富士山と海と空を見てきました。

毎日、パソコン、タブレットなどの画面を 見続けることが多く、疲れ目、眼精疲労です …

日本のバイオリン王・鈴木政吉、「わしは二本のぼうで人生を乗り越えてきた。辛抱と貧乏だ」。

先日、2016年2月14日に、 東海テレビが制作した番組 「日本のヴァイオリン王 …

口笛を覚えたのはいつですか? 口笛研究家・福井大学准教授の森幹男さん、原理を解明。

口笛を吹けるようになったのは 何歳のときですか? 昔は、年齢に関係なく、近所の年 …

ちょっとした手助けに、シルバー人材センターの利用。わずかな金銭的負担で生活が楽になったと知合いの高齢者。

電球の付け替え、掛け時計の電池交換、 敗れた網戸の張り替え、いらなくなった 鉢植 …

「ノーチラスな人びと」ってどんな人?

「ノーチラスな人びと」。 日本評論社の書籍広告が、 2015年4月14日の毎日新 …

週刊新潮が、週刊文春は不正に入手した中吊り広告で「スクープ潰し」との記事。スクープとは? 独占スクープ、単独スクープ。

週刊新潮が、2017年5月18日発売の号で、 ライバル誌である週刊文春が、新潮の …

京王線新宿駅で電車待ち行列でトラブル。後から来て3列目を作った母娘が、ブロックした男性を痴漢扱い。

春から夏にかけての3ヶ月、毎年、 京王線沿線の取引先に通っています。 幸いなこと …

日本ダービー、皐月賞を制したドゥラメンテはイタリア語。その意味は?

2015年5月31日に行われた第82回日本ダービー。 制したのは、一番人気、本命 …