亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

非常食や装備。ローリングストック。わざわざ買うより、あるものでなんとかする。毎月少しずつそろえていくという発想。

   

9月1日。
防災の日ということで、
非常時に備えるための
記事、番組などが目立ちます。

何かあったときのために、
特別に備える。

以前は、そう思って様々なものを
買い込んだりしていましたが、
何年か前に、専門家の方から、
特別に買ったり、備えたりと考えず、
日常の延長として考えた方がよい
と教えられました。

そのように発想を変えたことで、
実際、気楽に準備をすることができました。

その1つの考え方が、
ローリングストック。

これは、日常、消費しながら、
その都度、在庫を買い足し、
一定量の在庫を確保するというものです。

例えば、ミネラルウォーター。
3年持つとか、5年持つといった特別な
防災水を買わなくても、どこでも買える
一般的なミネラルウォーターを買い、
それを日常、消費しながら、決めた在庫を
下回ったら、その都度、買い足していく。

例えば、4人家族で、2箱を最低限の在庫と決め、
そこを下回ったら、買い足すのです。

続いて役立った考え方は、
「特別なものを買わなくても、あるものでなんとかする」。

最近は、便利なものがたくさん売られています。

臭いを遮断し、コンパクトに処理できる簡易トイレ。
いくつか準備しておけば確かに万が一の時には
役立つことでしょう。

しかし全ての物を準備しておくことは無理。
努力しても万全といかないこともありますし、
用意していても、災害時に持ち出せないことも。

そうした時は、ソレを手に入れると考えるのではなく、
同じ機能を果たすために、手持ちのもので
何とか出来ないかと考える。

最善でなくても、ベターを求める。

排せつ物を処理するのに、上のような製品がなくても、
ペット用の猫砂、小さくちぎった新聞紙、広告用紙を
ゴミ袋の中に入れて代用。

そうした考え方をすれば、かなりのことが間に合います。

また防災は、いっぺんに完璧を目指すのではなく、
例えば、1ヶ月にこの日と決め、また予算を決めて、
1つずつ備えをしていく。

11日をわが家の防災の日と決めて、
その日に点検。
また1ヶ月に、5000円は防災に使うお金
と決めて、今月は、例えば、キッチンの
防災を行う。(戸棚の下に滑らないシートをしく、
揺れても扉が開かないストッパーを整備など)

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

「打って反省、打たれて感謝」。昔教わった剣道の教えを記事に見つける。

昔、剣道を習っていました。 今から考えると、ためになることを いろいろ教わりまし …

子どもの時は病弱。しかし今は健康優良児だった同級生より健康。毎日の養生が大切。

あなたは小さい時、 健康でしたか? それとも病気がち? 先日、知合いから、 昔話 …

男性の皆さん。顔は洗ってますね? では顔のマッサージは? 顔凝りをほぐすと、皮膚がきれいに眼もよく見えるとか。

寒い日が続きます。 朝、冷水で顔を洗うのがつらくて、 顔を洗わずすます。 なんて …

もっと卵を。良質安価なタンパク源で虚弱・寝たきりを防止。コレステロールも心配なし。日本は「たまご大国」。

卵、召しあがっていますか? コレステロールの制限で、 昔は1日1個までと言われた …

昔の映画パンフレットが大量に。内容はともかく、見たことすら記憶にない映画がいくつも。自分の記憶に危機感。

部屋の掃除・片づけをしていたら、 大量の映画パンフレット、 プログラムが出てきま …

うなぎ犬ならぬ、「うなぎ味のナマズ」を近畿大学が開発、鹿児島で養殖の予定。

近畿大学と言えば、マグロを完全養殖したことで知られていますね。 そのおかげか、受 …

別荘より賃貸アパート、長期滞在施設などを借りて、移住生活を満喫する知合い。

「一年中、温かいところで暮らしたい。 定年になったら、南の島へ行きたい」 なんて …

桑の実の思い出。汁を飛ばすと……。舌は黒紫。

2017年7月15日、読売新聞の 投稿欄《ぷらざ》に、 《桑の実に甘い思い出》と …

「まだいける そう思えるか」「いつでも だれでもラッキーはくる そう思え」。錦織圭が自分を鼓舞する自作の相田みつを風格言。

リオ五輪の男子シングルス準々決勝。 しびれましたね。 世界ランキング7位の錦織圭 …

はざ掛け米。じっくり自然乾燥させ、甘みを出す。最期の一手間。

脳を鍛える漢字ドリル。 その見本を眺めていたら、 次のような問題が出てきました。 …