亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

インスタントコーヒーとレギュラーソリュブルコーヒー。違いに気づかなかった自分。

   

この夏、お昼時にセブンイレブンの前を通ると、
レジに行列が出来ていました。

ランチとともに、またその後に、
アイスコーヒーを求める人たちです。

缶コーヒーよりも香り高く、値段は同じという
コンビニのコーヒーはすっかり定着したよう。

仕事場では、あるコーヒー豆専門店から仕入れた
スペシャリティコーヒー豆をその都度、グラインダーで
粉にして、スイス製のゴールドフィルターで煎れた
コーヒーを飲んでいます。

コーヒーの味にはうるさいはずだったのですが……。

先日、今どきめずらしく、社員が、
自分の手で一杯ずつコーヒーやお茶を入れて、
持ってきてくれる取引先に出かけたときのこと。

知合いの女性が、コーヒーを運んでくれました。
いつもと同じようにいただいて、用事が終わって
帰ろうとしたとき、カップ類をさげに、その方が
やってきました。

「コーヒーを変えたのですけれど、いかがでしたか?」

そう尋ねられたのですが、全く気づきませんでした。

以前は、瓶に入ったインスタントコーヒーを使って、
作っていたのですが、それを同じネスレの
レギュラーソリュブルコーヒーに変えたとのこと。
(専用のコーヒーマシンで作る。そのマシンは無料だったとのこと。
なおそれまでと同じく、瓶入りで自分でお湯にといて作るものもある)

レギュラーソリュブルコーヒーは、
ネスレが力をいれている新しいコーヒー。

従来のインスタントとは違うということで、
名前を変えています。
(なおこの名称を巡り、一悶着あり、ネスレは7月24日、
全日本コーヒー公正取引協議会、全日本コーヒー協会、
日本インスタントコーヒー協会、日本珈琲輸入協会の
4団体を退会することを発表しています)

ついでに値段も少々、お高くなっているようです。

レギュラーソリュブルコーヒー
http://nestle.jp/brand/rsc/index.html

コマーシャルでは、イタリアン、フレンチなどの名店のシェフが
「これまでより美味しい」などと言って登場していたので、
存在は、知っていたのですが……。

意識していないと気づかないものですね。
いや、自分の舌がおもったより、上等で
ないだけなのかも。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

懐かしい芋判、プリントゴッコを不意に思い出す。

準備のよい方は、もう年賀状の手配を すませていらっしゃることでしょう。 年賀状を …

「さわやか」は秋の季語。被災地の新設校ふたば未来学園高校入学式で、林先生が即席授業。

「さわやか」。 よく使われる表現ですね。 イケメンのあなたは、 「さわやかな方ね …

「東京の丸ビルも丸いと思ってた」。人生の中の小さな勘違い。「つもりちがい十ヶ条」

先日、同級生と丸ビル内の居酒屋で お酒を飲みました。 その席で友達が、大阪の取引 …

2017年8月19日、世田谷区に落雷でけが人。雷の被害を受けた祖母の格言「災害は隙あるところを襲う」。

2017年8月19日、関東地方は大気が不安定で、 各地でゲリラ豪雨、雷に見舞われ …

定期的に五感を刺激してリフレッシュ。長生き、健康のコツ。

人は惰性の生き物。 前の日と同じ事をしがち。 同じ時間に起き、同じモノを食べ、 …

杉良太郎さん、「俺はぼうふら役者」。その意味は? 「ぼうふら野郎」。悪口の裏の優しさ。

少し前のことになりますが、 2015年5月26日付けの日本経済新聞の 「心の玉手 …

「ホラッチョ」は熊本弁か? 由来はトロンボーン漫談のホラッチョ宮崎? イタリア語では「アッチョ」と語尾につけると軽蔑の意味。

経営コンサルタントの経歴詐称問題で、 熊本の中高時代の同級生が、高校時代、 同級 …

伊集院静氏の新刊「琥珀の夢――小説、鳥井信治郎と末裔」。陰徳。

作家・伊集院静さんが、日本経済新聞に連載していた 「琥珀の夢」が発刊されました。 …

奈良、京都、鎌倉などの大寺院の拝観料が続々と値上げ。法隆寺、清水寺、建長寺。いくらだと思いますか?

2017年11月14日、朝日新聞朝刊に、 《大寺院の拝観料、相次ぐ値上げ 法隆寺 …

「お前はまだ人生の歌を残していない。生きて、歌を残しなさい」。イヌイットの古老が若きC.W.ニコルさんに語った言葉。

作家のC・W・ニコルさん。 長野県の黒姫の山に、「アファンの森」を作り、 自然を …