亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

「お湯拭きしなさい」。友達はそういった。その効能は?

   

家、事務所はフローリング。
冬でも基本的に裸足で、
その中をうろうろしています。

いつも非常に気になっていたのは、床の汚れ。
というか、足裏の汚れが気分を害しています。

足裏にゴミやほこりがついたり、
床がべとべとで足裏にくっついたり、
気分が盛り下がってしまいます。

気付いたらそのつど、
クイックルワイパーのドライタイプで取り除き、
少し時間があるときは、ウェットタイプで
しっかりと拭いていました。

さらに余裕があるときは、化学繊維の
ぞうきんで水拭きをしています。

最近では、エチルアルコールのスプレーを
ふきかけ、拭いてきました。

しかし汚れと気分の不快さはとまりません。

先日、鎌倉の友人宅に行きました。
こちらもリビング、ダイニングはフローリング。

入って、靴下を脱いでくつろいで歩き回って、
すぐにあることに気付きました。

足裏の不快さがない。
太陽光を斜めにすかして床を見るとピカピカ。
さらに歩き回っても、足がペタペタせず、
気持ちがよい。

思い切って友達に尋ねました。

「それはお湯拭きをしているから」。

から拭き、水拭き、そしてお湯拭き。

友達は、お湯拭きをすることで、
部屋の床がきれいになっただけでなく、
掃除の過程から、気持ちがどんどんと軽くなり、
きれいになった後、光る床を見て、その上を歩くと
さらに気持ちは晴れる思いがしたのだそう。

「ともかくお湯ふきをしてみるといいよ」。

一泊の後、帰宅。
そして2015年9月25日、仕事が終わった後、
ぞうきんとバケツを取り出し、
お湯ぶきを始めました。

バケツにお湯をいれた時から、なんだかうきうき。
不要なものを片付け、よける。
そこでも嬉しい。
実際、お湯で拭いている時も、楽しい。

これは予想以上でした。

すべての部屋ではありませんが、
台所、リビング、仕事場の一部を
お湯で拭き上げました。

家族もなんだか気持ちがよさそう。

友達に暗示をかけられたのかもしれませんが、
お湯拭きの効果は絶大なようです。

ただ自分の場合、
空拭き、水拭きという過程を省略し、
さらには、長年の汚れが貯まっていたので、
お湯拭きのお湯が乾くと、ほこりや髪の毛、
ざらつきが手のひらは足裏に感じました。

一度のお湯拭きでは無理なよう。

これからもお湯ふきを続けて、
家とともに心も磨き上げたいですね。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

今年2015年は、平成27年。そして昭和90年。明治148年、大正104年。

2013年12月に、サザンオールスターズの桑田佳祐さんが、 「昭和八十八年度! …

老後破産。独身・一人暮らしの友達が老後について計算したら……。

同年代の独身の友人に、 先日久しぶりに会いました。 これまでいつも元気だったのに …

近所からもらったタケノコを煮る。母が筍を掘っていた「城跡」の土手。

台所のテーブルの上に、 「筍と鶏肉」の煮物が 並んでいました。 尋ねたら、近所の …

またもや近所の個人経営のお店が閉店。絶品のサンドイッチ・調理パンがもう味わえなくなる。

今日の昼前、母が買い物から帰ってきて、 「パン屋さんがこの12月23日で閉店する …

元手なしで大もうけ? 知合いのマンションで起きたこと。民泊ビジネス。

民家に外国人観光客などを泊める民泊。 今、日本でも大きな話題になっていますね。 …

告別式で故人の知られざる善行、社会貢献を知る。「棺を蓋 (おお)いて事 (こと)定 (さだ)まる」。

仕事で長年、お世話になり、 師匠ともいうべき方の告別式に 参列してきました。 そ …

東京都シルバーパスを使って都内バス巡りをする高齢者。都営バスのみならず民間バスも乗車可能。

東京都内の70歳以上の方限定の情報になります。 東京都では、「東京都シルバーパス …

わが家と同じ除湿機を使っていた知合い宅。最新の除湿機に買い換え、その性能に驚く。

梅雨の時期。 続く雨に洗濯物が乾かないと お悩みのお宅も多いのでは? わが家も電 …

「マツコの知らない世界」で進化した冷凍食品が取り上げられ話題に。高齢者も注目。

2016年5月31日に「マツコの知らない世界」で、 「冷凍食品の世界」が放送され …

週刊SPA!の特集記事、《「40男が[秘めた夢]に挑戦》。バク宙、わずか40分で出来た……。

小学生の頃、運動神経が抜群に良くて、 宙返り、バク転(バク宙)、さらには鉄棒の大 …