亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

原節子さん逝去に感慨ひとしおの母と叔母さん。二人にとって自分の時代を象徴する人物の1人。

   

今朝、朝食をとりにダイニングに行くと、
下から新聞を持ってきた母と入り口のところで、
あいました。

顔を合わせた第一声は「おはよう」ではなく、
「原節子さんが亡くなった……」でした。

朝食の間、母はずっと原節子さんの映画、思い出、
そしてついでに自分が若い頃、少しだけ原節子さんに
似ていると呼ばれていたことなどを話し続けました。

昼前、銀行に用事があり、仕事場を出てすぐ、
叔母さんに会いました。

母より3歳上、80代後半ですが、
元気に毎日出歩いています。

挨拶すると、「原節子さん、死んだねー」と叔母さん。

原節子さんは、母、叔母より年上の95歳。
50年ほど前に引退し、公に姿を現していませんでしたが、
母、叔母さんの二人にとって、原節子さんは、
自分たちが生きた時代を感じさせてくれる
特別な存在だったようです。

大昔。
大学時代だったか、北鎌倉、鎌倉界隈の
小津監督のお墓や、小津映画のゆかりの地を
1日かけて歩いたことがあります。

その時に、原さんが住まわれていた
お宅の近くも通りました。

出演作を何本か見て、
引退し外に出ないのはもったいない
と思いました。
けれど、名声、富などを捨て、
一切外に出ないのはよほどの覚悟なのだなと、
感じたものです。

亡くなると自分の時代が去ったと思わせるような
大きな喪失感をもたらす人物。

母や叔母にとっては、原節子さんがそうでした。

自分の生きた時代を象徴するスター、人物。
どの世代、また誰にもそうした人物はいるはずです。

自分にとっては誰なのかなと、
しばらくの間、昔を振り返りました。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

またもや近所の個人経営のお店が閉店。絶品のサンドイッチ・調理パンがもう味わえなくなる。

今日の昼前、母が買い物から帰ってきて、 「パン屋さんがこの12月23日で閉店する …

6月15日は弘法大師の誕生日。行事は?

落語家の桂ざこばさん。 1947年9月21日生まれ、 本名は、関口弘(ひろむ)さ …

薪割りと餅つきの共通性は? 薪割りは瞑想法だ。

あなたは薪割りをしたことがありますか? 薪割りは重労働で、肉体は疲れるのですが、 …

チェッコリ。本を学び終えたあと、先生に感謝し仲間と祝う韓国の行事。大叔母の思い出。

チェッコリ。 韓国語です。 頭の片隅に、 このちょっと可愛い響きの言葉があります …

104歳で現役の経営者。コーヒー焙煎販売。西荻窪「アロマフレッシュ」店主・安藤久蔵さん。

最近は100歳を超えていらっしゃる方は、 そんなに珍しくなりました。 けれど働い …

「出会い水」とは? ご飯炊きも教育も最初が肝心。

新米の美味しい季節となりました。 美味しいお米を炊くのに、 非常に大切なのが、「 …

ドウダンツツジの「ドウダン」ってどういう意味?

産経新聞一面下に連載されている漫画 「ひなちゃんの日常」。 2015年4月21日 …

「心の忘れ物」つづった手紙、煙となる。島根県飯南町「優便ポスト」。銀座の手紙寺。「ラストレター運動」。

島根県飯南町。 そこに「優便(ゆうびん)ポスト」が 2016年11月23日に設置 …

養子に出された子どもは知能が高い。異なる価値観に触れる。

2015年9月7日の朝日新聞、 《Journal M》《反抗期を乗り切るために》 …

左右非対称の眼鏡フレームあります。左右のサイズ違いの靴。

目が悪いので、眼鏡は生活する上では なくてはならないもの。 これまでいくつも作っ …