亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

久しぶりに西式健康法の入浴法を実践している人に会った。お温と冷たい水風呂に交互に。

   

広くて気持ちが良く、
家より良く温まるので、
銭湯に良く出かけています。

先日、ある銭湯に出かけたところ、
70代くらいの方が、ある特徴的な
入浴方法を実践されていました。

それはお湯に入った後に、水風呂に入る。
それを何度か繰り返すというものです。

サウナに入ったあと、水風呂にという方は、
多いと思いますけれど、サウナではなく、
通常の温度のお湯につかった後に、
はいるものです。

いやー懐かしい。

小さい頃、家にお風呂はあったのですが、
近所のお風呂に入れてもらいに通っていました。

なぜならそこは、当時でも珍しく、
街中なのにまきでお湯をわかしていたこと。
そして湯船が2つあって、楽しかったからです。

2つある湯船のうち1つは、40度ほどのお湯ですが、
もう1つは、井戸からくみ上げた水。

自分はやっていなかったのですが、
そこの家のご夫婦はそろってお湯と
水風呂を交互に入るという入浴方法を
実践されていました。

西式健康法と呼ばれるすごくはやった健康法が
唱える入浴法。

水浴からはじまり、1分ごとくらいでお湯と交互に入浴。
3~4回ほど繰り返し、最期は水浴で終わるというものだとか。

またそこの家では、近くに畑兼庭を持っていて、
野菜のほか、果樹を栽培していました。
その中にびわの木があり、びわのはを干したものを、
お風呂に入浴剤のようにして入れていました。

「温冷浴」とも言っていました。

2つに入ることで、皮膚を刺激し、
血管を拡張、収縮させるので、
通常の入浴に較べ血行がさらによくなり、
自律神経を正常に整えるのだとか。

確かにそこのご夫婦は、風邪をひいたり、
病気で寝込んだりといった姿を
見たことがないほど、健康でした。

家では、また冬には、
なかなか実践できにくいのですけれど、
出来る範囲で実践してみようかなと思いました。

大阪府中央区の末広湯の
《温冷浴とは何か?〜「温冷浴」による健康生活のススメ。》
http://www.suehiro-onsen.net/%E6%9C%AB%E5%BA%83%E6%B8%A9%E6%B3%89%E3%81%A8%E6%B8%A9%E5%86%B7%E6%B5%B4/

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

140年余り続く練り物店佃權(つくごん)、廃業。母の嘆き。いきつけの魚屋さんから聞いてくる。

毎週金曜日に家の近所に来る魚屋さん。 築地や浦安市場から仕入れた 新鮮で高級な品 …

三谷幸喜氏が講演会の仕事を解禁した理由。あなたは毎日会話していますか? 言葉が出にくくなったことは?

朝日新聞夕刊、2017年10月12日、 《三谷幸喜のありふれた生活》は、《ただい …

定年を迎えた従兄弟や知合いが最近、行っていること。共通して出てきた言葉は「ボランティア」と「恩返し」。

今朝、ご飯の時に母が、 明日、久しぶりに従兄弟夫妻がやってくる と伝えました。 …

「存亡の機」それとも「存亡の危機」。文化庁の2016年度「国語に関する世論調査」。

「存亡の機」「存亡の危機」。 本来の使い方はどちらだと思いますか。 答えは「存亡 …

高齢の知人、2017年から財布を持たないことにした。その理由は?

春財布。 ご存じですか? 新春、立春に財布を買う (もしくは買ってもらう)と 金 …

現役時代、経費切り詰めのプロだった知合いが定期的に行っている生活の見直し。

定年になり、また年金生活になると、 現役時代より一般に収入が減ります。 最近は寿 …

声帯の老化を防ぐため毎日、家で大きな声で歌う。近所迷惑にならない秘密兵器。

最近、誤嚥性肺炎にならないように 喉を鍛えるという体操、本について 紹介しました …

月待ち、スーパームーンの中秋の名月、そしての後の月。三夜の月見。

2015年9月27日、明日は、旧暦の8月15日、 中秋の名月ですね。 東京地方は …

直木賞作家・黒川博行さんの新作「勁草」。勁草書房の由来。「疾風に勁草を知る」とは。

直木賞作家・黒川博行さんの新作「勁草(けいそう)」。 広告が2015年7月6日の …

三助さんのいた荒川区・斉藤湯がリニューアルオープン。2015年4月27日。

三助さん。 言葉だけではなく、その存在を体験したり、 知っている方は、どれくらい …