亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

年を取ってあきらめることもある。しかし今、楽しめることを見つければよい。高齢の二人に教わったこと。

   

この数日、年配の方に続けてお会いしました。

色々話したなかで、一つ共通していたことがあります。

それは、年齢を重ねて、手放し、あきらめたことがあること。
一人の方は、運転免許でした。
長年、運転し、日本国内はもとより、
海外でも自分で運転し様々なところに出かけてきた。
これまで事故はなし。
しかし、自分の体力、判断力を考え、
数年前に免許を返上したそうです。

最近、高齢者が車で事故を起こしているのを見ると、
自分もあのまま続けていると、そうなっていたかもしれない、
自分の判断は間違っていなかったとほっとしたと。

もう一人の方は、若い時に始めた
山登りをやめたそう。

これも体力の衰えを自覚したからで、
まだ大丈夫な山もあるかもしれないが、
すっぱりと山登りは卒業したとのこと。

お二人とも、自分の人生の中でも
かなりの比重をしめることをあきらめ、
やめたのですが、そのかわりにこころがけたことが
あるといいます。

それは、今、自分ができる、楽しめることを探すこと。

一人は、ウォーキング、近所の人との語らい。
これまで車で出かけると、必然的に自宅周辺ではなく、
離れたところになっていました。
運転免許を返上し、車を手放したことで、自分の足で
回れる近所によく行くようになり、犬の散歩などを
しているご近所の人ともよく話すようになったとのこと。

近所にもよい店、よい場所があり、話のできる人が
大勢いることに気付いたそう。

もう一人は、山歩きから、街歩きに。

まだ足は健在なので、人のいる町を歩き、
好きな店を訪ね、疲れたら、銭湯に行き、
湯船につかる。
また日帰りできる町にわざわざ一泊すると、
夜や早朝の町を楽しめるとのこと。

こちらの方も、今、自分ができ、面白いと
思えることを見つけることが人生に張り合いを
もたらすと話していました。

年を取って、体力がなくなると、
これまで出来ていたことが出来なくなり、
やめたり、あきらめなければいけなくなります。

それを嘆くのではなく、
その楽しみは十分に味わった。
だからそちらは卒業。

次は今の自分に出来ることを
見つけ、楽しむと考える。

年を取っての、心の持ちようを
教えてもらったようで、
きいているこちらまで、
励まされるような気持ちになりました。

 

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

もう一度食べたい食べ物、料理は? 「あけび」と答えた人を思い出す秋の暮。

秋のこの季節になると、 「あけび」とその人のことを思い出します。 「あけび」は、 …

元横綱千代の富士の九重親方、膵臓がんで亡くなる。軽量、怪我を猛烈な稽古とトレーニングで克服した横綱の中の横綱。

元横綱・千代の富士関、九重親方が、 膵臓がんで、2016年7月31日亡くなられま …

お医者さん、専門家を過信してはいけない。セカンドオピニオンは当たり前。様子を見たり、先延ばしをているうちに……。

乳がんで闘病中の小林麻央さんが、ブログで、 がんが肺や骨などに転移していることを …

旅先で自分に絵はがき・手紙を出す。あとあと最高の自分へのお土産に。ご当地フォルムカード、特別消印。

高齢になっても足繁く、様々な所に 出かけている知合いの方からちょっといいな と思 …

名古屋の地名「鶴舞」はどう読むべき? 鶴舞駅、鶴舞公園は読み方が違います。

つい先日、久しぶりに名古屋に 日帰り出張しました。 取引先の最寄り駅は鶴舞駅。 …

ほうれん草と小松菜。食べるなら小松菜。ほうれん草と一緒に食べてはいけないのは何? 骨粗鬆症予防の食べ合わせ。

小松菜、お好きですか? 嫌いというほどではないのですが、 ほうれん草と小松菜の2 …

知合いの家は家中に紙をはさんだバインダーとスタンプが。これが健康維持の極意と言うが……。

年配の知合いの方と、 先日、話した時のこと。 毎日の暮らしぶりについての 話題と …

知合いから電話がかかってきた。用件は「日銀、マイナス金利導入を決定」。

知合いから、仕事場に2016年1月29日午前中、 電話がかかってきました。 「大 …

温泉地のコンドミニアムで長期滞在を楽しむ知合い。熱海で一泊一人2900円。

先日、70前の知合いに久しぶりに連絡したら、 「現在、熱海滞在中」と返事が来まし …

「ささくれ(さかむけ)は親不孝のあかし?」。コボちゃんを見て、昔、言われていたことを思い出す。

読売新聞の連載4コママンガ「コボちゃん」。 2017年3月17日は「ささくれ」が …