亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

次の表現を直しなさい。「失敗は成功の墓」。「え、正解では?」。「よーく見てください」。

   

問題です。
次の表現の間違いを直しなさい。

「失敗は成功の墓」。

多くの方は、「墓」→「基」と
答えられるのでは。

2016年2月5日、読売新聞の「よみうり寸評」が、
校正の一例として、上記をあげていました。

個人的には、
「失敗は成功の元」もしくは、
「失敗は成功の母」を使うかなー。

中学の時の英語の授業で、
「ことわざ」として習ったのは、
《Failure is the mother of success.》
もしくは、
《The road to success is paved with failure.》
でした。

さらに後者の例文の中に出てくる
「is paved with」を説明するため、

《地獄への道は善意で敷き詰められている》
との「ことわざ」も教えてもらいました。
《The road to Hell is paved with good intentions.》

こちらは、もともと聖書の中の言い回しが、
イギリス、フランスなどのことわざとなったようです。

http://ejje.weblio.jp/content/the+road+to+hell+is+paved+with+good+intentions

なお最後のことわざの解釈ですが、
研究社の新英和辞典では、
「いくら善意があっても実行しなければやはりその人は地獄へ落ちる」
とされています。

他方でロングマン英和辞典などでは、
《善意が必ずしもよい結果を導かないこと》
と掲載されています。

先生は、後ろの意味で説明されていた覚えがあります。

もとに戻って、「失敗は成功の墓」。

成功に至るまでは、数多くの失敗があり、
その失敗が積み重なってまるで墓のようになっている
といったイメージが頭に浮かびます。

ん?
そのイメージだと、
《「成功は失敗の墓」の上に立つ》
といった方がいいのかもしれません。

まあ、この表現もあながち間違いとは言えない気もしてきました。

そうそうもう一つ思い出したことがあります。

大学に入った頃、先輩が、ハイエクの「隷属の道」
という本を持ち出し、その説明の中で、
「ファシズム=地獄への道は…」を持ち出したこと。

先輩の話していることは、これっぽっちも
わからなかったけれど、上のことわざだけが
わかって、妙に嬉しかったなー。

 

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

ゴミ屋敷寸前の知人の窮状を救った、友達のアドバイスとは?

知合いの年配の女性。 一人暮らしをしています。 悩みは部屋がモノで一杯なこと。 …

落語「八五郎坊主」と釈迦の弟子・周利槃特(しゅりはんどく)。そして「レレレのおじさん」。

落語「八五郎坊主」そして、 釈迦の弟子の一人周利槃特(しゅりはんどく)。 ご存じ …

お宅に百科事典、世界文学全集はありますか? 実家の片付けで、この二つを手放した知人宅。寂寥感に襲われる。

お宅には、百科事典、世界文学全集は ありましたか? もちろん紙のものです。 わが …

「ノートルダムのせむし男」問題。劇団四季、2016年12月から「ノートルダムの鐘」を上演。「せむし男」はなぜ消えた。

地下鉄の車内広告に、 劇団四季が12月11日から上演を予定している 「ノートルダ …

物置の奥に眠っていたオールドレンズを最新のデジカメで生き返らせる。物を生かすマウントアダプターという存在に拍手。

あなたのお家に、昔のフィルムカメラ、 交換レンズは眠っていませんか? じつはわが …

認知症発表の大山のぶ代さんが、声優の仕事に復帰。認知症になっても仕事は可能。ケアの重要性。

2015年5月に、夫の砂川啓介さんが、 妻である大山のぶ代さんが 認知症の闘病中 …

一人暮らしの知合いたが、旅の仲間(旅友)を募るサイトを利用。

一人旅も良いですけれど、 集団で行く旅行も思い出を後で、 語り合え楽しいですね。 …

弟の家の壁にかかっていた「VW(Vision&Work Hard)」。毎日、目標を目にする効用。

先日、愛媛県の弟の家を訪れました。 広いリビングのテレビの後ろの壁に、 「VW( …

仏壇をどうするか? 実家の始末。お墓そして仏壇。売るに売れず、処分するにもお布施、処分料。

お宅に仏壇はありますか? 仕事仲間で、実家の片付け、始末、 お墓の移転などをした …

大橋巨泉さん。2016年7月12日にお亡くなりに。野坂昭如さん、永六輔さんとともにテレビ界を支えた人が去り、時代の移り変わりを感じる。

「11PM」「クイズダービー」 「世界まるごとHOWマッチ」など、 数多くのテレ …