亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

花、穀物、樹木の肥料の話。いつどこでどのくらい。やり過ぎは枯らすもと。人の成長と共通の教訓。

   

亡くなった大阪の祖母は、
花を育てるのが好きでした。

実家は農家ではなかったので、
大きくなってから、詳しい人に聞いたり、
またテレビの園芸番組や園芸雑誌などから
知識を得ていたようです。

狭い庭にいくつもの
花の鉢植えが置かれていました。

あるとき、そうした花を咲かせる手入れ、
特に肥料の話になりました。

祖母は、初心者の頃、肥料はやればそれだけ
成長する、花も良く咲くだろうとたくさんやっていたそう。

ところが、そうすると花を多くつけるどころか、
花の前のつぼみの段階で、落ちてしまったり、
全体が弱ったり、枯れてしまったり、したそう。

ご近所の園芸に詳しい人が教えてくれたのは、
「素人は肥料を切らすより、やり過ぎて失敗する」
ということ。

花に限らず、穀物、樹木など植物を育てるのに
肥料は必要だが、いつ、どこに、何をどれくらい
与えるかが大切であると。

適切な時期に、成長と目的にあわせて、
ほどこさないといけないのですね。

例えば、寒肥(かんごえ)。

寒肥は、寒中、晩秋から初冬に施す肥料のこと。
冬、草木は活動を休止していますので
肥料は不要ですが、春に備えて、施すのです。

このため速効性ではなく、遅効性の成分のものを与える。
花物の場合、花が咲く前に肥料が切れていないと、
つぼみが落ちたり、花にシミが出たりするのだそう。
このため、それを計算して与えるのが遅れないように
しないといけないと。

春先、種に与えるのが、種肥(たねごえ)。
または元肥(もとごえ)。

こちらは、芽を出すためのものなので、
速効性がないといけないのだそう。

ただ草花の種の中には、肥料があると逆に
腐ってしまうものもあるので、その場合は、
肥料を与えてはいけないとも。

祖母は、ご近所の園芸の達人から、
こうした植物の育て方を教わっている内に、
これは植物だけでなく、人にもあてはまる
と感じたようです。

そしてそのことを孫である自分にも教えてくれました。

自分自身が成長するために、
今、どんな肥料がどれくらい必要なのか、
それとも必要ないのか。

それを考えるようになりました。

また会社などの組織で上の地位についた時、
下の人たちを育てるに、今、自分が何をすればいいのか、
すなわち、どんな肥料をどのタイミングでどれくらい
与えるかを考えることも必要なことなんでしょうね。

そうそうもう一つ。

草木の場合、それが何であるかがわかれば、
どんな性質なのか、ほぼ決まっています。

人の場合は、自分もしくは他人が、
どんな性質、性分なのかをしっかり見極めることが肝要。

そして、植物は、毎日、水をやり、
芽や葉の様子を観察し、状態を把握することが重要。

人も、毎日、どんな状態なのかをよく見て、
知っておくことが基本であると。

人生の中でうまく花を咲かせるためには、
やはり毎日の観察と、適切な時期に、
それにあった肥料が必要なようです。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

風邪、インフルエンザの睡眠中の対策。ぬれマスク効果絶大。加湿と保温。

全国的にインフルエンザの流行が見られるようです。 インフルエンザにかかっている人 …

「云々」、読めますか? 安倍総理、「でんでん」と読み間違える。

民進党の蓮舫党首に対する、 安倍総理の国会答弁で、 「訂正でんでん」という発言が …

疲れた脳の休め方。簡単にできる方法。教えてくれたのは、ハンドマッサージ。五感をバランス良く使う。

現代人は、五感の中で、 視覚を最も酷使していて、 続いては聴覚。 余り使っていな …

2度の倒産。ガン、心筋梗塞を乗り越えた知合い。「失敗より挑戦しないことが恥ずかしい」。

家の周囲は商業地。 店、会社を経営している方が たくさんいらっしゃいます。 ご近 …

秋になると、家の前のおじいさんが毎朝やっていた「焚き火」を思い出す。

小さい頃、実家の前の家は、 道に面した建物の横が、奥の庭につながる 通路になって …

日刊スポーツで男性更年期の特集。9月から開始。三浦雄一郎さん。ビートたけしさんも悩む。

女性の更年期。 良くしられています。 男性にも同様な更年期があることが、 少しず …

70年以上、食べられなかった鶏肉を食べ始めた母。人は何歳になっても意識を変えれば、変われる。

多くの人には、食べ物の好き嫌いありますね。 自分は、納豆が苦手です。 食べられな …

知合いから久しぶりに連絡。「5月に生前葬をやります。来て下さいね」。

先日、知合いから連絡がありました。 ここ数年、連絡がなく、 心配はしていたのです …

80歳過ぎの女性。半蔵門線の電車内でスマートフォンを駆使して、乗り換え、行き先を検索。「やってみれば、なんとかなる」。

タブレットは持っているのですが、 スマートフォンは持っていません。 未だに昔なが …

母が頭を悩ます「ひな人形問題」。家に2揃いのひな飾りが眠る。人形供養か、どこかに寄贈か……。

3月3日、ひな祭り。 お宅では、ひな人形を飾られましたか? わが家では、もうずい …