亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

きゅうりの酢の物の季節がやってきた。「春苦味、夏は酢の物、秋辛味、冬は油と合点して食え」。

   

夕方、食卓についたら、
すでに食事を終えた母から、
「冷蔵庫にキュウリの酢の物がはいっているよ」
と声がかかりました。

自家製の酢の物です。
夏になると大量に作り、
冷蔵庫に入っていて、それをその時、
食べる分だけ出して、食します。

具はキュウリのみですが、
時にタコ、赤貝、穴子などが加わることもあります。

これは、母の実家から伝わるもので、
昔は、
「春苦味、夏は酢の物、秋辛味、冬は油と合点して食え」
と言って、夏には酢の物を食べて、食中毒を抑え、
酢の酸っぱさで食欲を増して、夏の暑さを乗り切った
ということなんだとか。
(この言葉は、明治時代の医師で薬剤師、日本陸軍で薬剤監、
軍医を勤めた石塚左玄が唱えたものだそう。石塚は 食養会を作り、
一物全体を唱え玄米食を勧めました)

キュウリ、トマト、ナスなどの食べ物は、
体を冷やす働きがあるようです。

キュウリの酢の物は、
体にこもる熱を取り去ってくれるとも。

あと、良く作って食べていたのは、
みょうがの甘酢漬け。

小さい時は、みょうがのどこが美味しいのだろう
と疑問に思っていましたが、大人になってから、
あのほろ苦さや風味がなんとも言えず好きになりました。

そうめんなどの薬味に欠かせませんが、
生だけでなく、甘酢漬けにしたり、
他の夏野菜と一緒に、細切りにして炒めたり
すると量をたくさん食べられますね。

梅雨明けももうすぐ。

これからの厳しい夏を乗り切るために、
きゅうりの酢の物をはじめ、酢を使った料理を
一杯食べたいと思います。

昨日、夜訪れた店で、スペアリプを焼いた後、
お酢で煮た料理が出ました。

鳥肉なども酢で煮ると、骨離れもよくなり、
さっぱりといただけます。(鳥のさっぱり煮)

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

読書から遠のいていた理由は、照明だった。高齢の知人がLED付きルーペから読書灯にめざめる。

読書好きの年配の知合いがいます。 けれどずいぶん前から、それまでに比べ、 目が疲 …

ドクダミの花を道端に見つける。十薬、ドクダミ茶、化粧水の思い出。

先日、杉並区の取引先に向かう途中、 信号待ちをしていたとき、その先の道端に、 白 …

現金は重い。腰痛めると常陽銀行が、ロボットスーツを導入。

すでに様々な農業やビジネスの場に取り入られている ロボットスーツ。 今度は、常陽 …

ヤフーショッピング利用でTポイント3%。お得なYahoo!Japanカード、2015年4月1日から発行開始。

学生、新社会人に限らず、春から、 新生活をはじめ、クレジットカードも新しく作る …

毎年、新しいことに挑戦する知人。2017年はビデオ年賀状。

知人は、毎年、クリスマスカード、年賀状で 新しい工夫をしたものを作成し、送ってい …

天然樟脳の防虫剤の思い出。福岡県みやま市の内野樟脳。

あなたは「樟脳(しょうのう)」をご存じでしょうか? ある程度の年配の方なら、あの …

千賀健永と紀貫之。毎日放送の番組「プレバト!!」の俳句コーナーで盗作? 俳句と短歌、本歌取り。芭蕉、藤原定家。

千賀健永と紀貫之。 恥ずかしながら、 後ろは読めて知っていたのですが、 前の人物 …

「ジュラシック・ワールド」早くも続編制作決定。興行収入は歴代3位に。もう見たと自慢された……。

「ジュラシック・ワールド」 8月5日、日本で公開されます。 アメリカ、イギリスな …

「花は咲いているけれど、見る人の心のありようで、見えたり見えなかったりする」。いつも通る店の藤の花に気付かなかった自分。

先日、母と近所を歩いていたら、 母が「もう藤が咲いている」と言いました。 藤には …

阪神大震災で被災して落語家・桂文珍さんが目覚めたこと。

落語家の桂文珍さん。 朝日新聞夕刊に現在、インタビューが掲載されています。 20 …