亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

いつの間にか、筋肉ムキムキ。「運動していなかった奴ほど発達」「休むのもトレーニング」。

   

高齢者の方々は、中高年の世代よりも、
運動の機会が多く、スポーツクラブなどの
スポーツ施設に通っている割合が多いんだそう。

働き盛りの人は、仕事で疲れ、
運動、趣味などに関心が向かない……
というのも大きな理由かもしれません。

けれどそんな中でも、40代50代の男性に、
筋トレが一種のブームになっているんだそうです。

これまでに比べ値段も安く、
手軽なスポーツ施設が増えたこと。
仕事をするにもある程度の筋肉が必要なことが
知られるようになったことなど、
筋トレブームの理由はいろいろあるようです。

先日、同級生にあったとき、
中学の時は、運動嫌いで、そうしたトレーニングと
無縁だった友達が、スポーツクラブに通い、
筋トレを行い、細身ながらしっかりした
筋肉をつけていて驚きました。

友達曰く、
筋肉トレーニングに運動経験、運動能力、センスは関係ない。
むしろ、毎日、コツコツ決められたことを実行する、
努力型の勉強好きの人の方が筋トレに向いていると
言われたのが、背中を押してくれた一言だったようです。
(定期的にトレーニングすれば、確実に成果があがるため)

ただそうした真面目なタイプは、
オーバートレーニングになりやすく、
やり過ぎてしまい、かえってトレーニングの
成果を出しにくく、体を痛めたりすることも多いので、
その点が要注意だとか。

友達が通っているクラブのトレーナーに注意されたのは、
「休養。休むのもトレーニングですよ」。

休むことにより、破壊された筋肉が補修・再生され、
筋繊維が太くなっていく。
(この理論も最近では必ずしも正しくない
と言われているそうですが)

なので、積極的に体を動かすこともトレーニングなら、
消極的に体を動かさない、休むこともトレーニング。

特に中高年の人は若い人より回復力が
衰えているので、十分注意すること。

そのほかのトレーニングを長続きさせるコツとしては以下。

〇できるだけ家・仕事場近くの通いやすい場所の
スポーツ施設に通うこと。

〇自宅などで行うことも出来るが、同じ仲間、
コーチなどの専門家のアドバイスが聞ける方が、
モチベーションを保ちやすい。

〇トレーニング、体の変化を記録する。
体の変化は少しずつでわかりにくい。
しかし1ヶ月、2ヶ月、3ヶ月すると大きくかわる。
実行したことが成果となって見られると励みになる。

友達は、筋肉がついたことで、姿勢が良くなったこと、
階段の上り下り、通勤などが、これまでより楽にこなせる
ようになったこと、それによる精神の余裕などが
大きな収穫だといいます。

自分もこれまで家でスクワットは毎日やってきたのですが、
他の運動、筋トレはやっていませんでした。

今後は友達から勧められた腹筋、背筋を鍛える運動、
そして上半身の筋肉を鍛える腕立て伏せをやろうと、
ヨガマット、腹筋ローラー(?)、
プッシュアップスタンド(?)をAmazonで購入したところです。

(スポーツクラブ入会はやめた。あるスポーツクラブの入会手続きで
クレジットカードが必須だったため)

自分がなりたい体をイメージしてとレーニングを始めます。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

母が頭を悩ます「ひな人形問題」。家に2揃いのひな飾りが眠る。人形供養か、どこかに寄贈か……。

3月3日、ひな祭り。 お宅では、ひな人形を飾られましたか? わが家では、もうずい …

伊集院静氏の新刊「琥珀の夢――小説、鳥井信治郎と末裔」。陰徳。

作家・伊集院静さんが、日本経済新聞に連載していた 「琥珀の夢」が発刊されました。 …

「お前はまだ人生の歌を残していない。生きて、歌を残しなさい」。イヌイットの古老が若きC.W.ニコルさんに語った言葉。

作家のC・W・ニコルさん。 長野県の黒姫の山に、「アファンの森」を作り、 自然を …

106歳の先生に台湾の教え子から便りが続々。電話で教え子と会話も。

熊本県玉名市に住む106歳の高木波恵さが、 台湾の学校が甲子園に出場し準優勝した …

古い危ない家電を取り替え。ジェネリック家電で節約。

年配の方。 お手持ちの国民健康保険証のどこかに、 ジェネリック薬品を使うかどうか …

40代以上の20人に1人当たる宝くじ。アナタは買いますか? 9割が気付かないうちに……。 

今から数年前のこと。 確か自分が収入に不相応な高価な眼鏡を 買ったばかりのころで …

健康寿命をのばすカギは「庭」? ガーデンセラピー。心身を癒やす自然療法。

先日、近所の家の方が、 夏に向けて、苗を植えていた とのエントリーを書きました。 …

機嫌がいいときの自分の写真を持っていますか? うきうきした時の声は?

人でも動物でも赤ちゃんを見ると、 心がなごみますね。 ご自分のお孫さんや、ペット …

「つくバック」って何?  高校時代の同級生は「ずっとつくば」。定年後も住み続ける予定。

2016年11月14日の朝日新聞に、 「つくバック」という言葉が出ていました。 …

101歳の写真家・笹本恒子さん。新刊本「好奇心ガール、いま101歳: しあわせな長生きのヒント」と写真展「笹本恒子100歳展」開催。

日本の女性初の報道写真家・笹本恒子さん。 この9月1日で101歳を迎えられました …