亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

秋になると、家の前のおじいさんが毎朝やっていた「焚き火」を思い出す。

   

小さい頃、実家の前の家は、
道に面した建物の横が、奥の庭につながる
通路になっていました。

秋から冬になると、毎朝、前の家のおじいさんが、
その通路の真ん中に、一斗缶で作ったストーブを置き、
火をたいていました。

燃やしているのは、木っ端。

おじいさんの家の隣は、大工さんの
仕事場、物置で、そこに木っ端が
たくさんあったのです。

火を炊き始めると近所のおじさん、おじいさんたちが、
集まってきて、火を囲んで、時にはお尻を火に向けながら、
互いに顔を合わせず、ずっと話をしていました。

小学校に通うため、朝、家を出た自分は、
その姿を見て、とてもうらやましく思ったことでした。

高校の頃だったか、
作家の椎名誠さんの本に出会いました。

島や海岸に大勢で出かけ、
たき火をし、宴会を開くという内容です。

それを読んで、小さい頃に感じた
焚き火の魅力を思い出したことでした。

焚き火は、人を哲学者にさせるのか、
一人でいるときは、深く自分の内面に、
複数でいるときは、相手、仲間の心の内に
入り込める気がします。

それを求め、大学の頃は、河口湖、
伊豆のキャンプ場などに出かけ、
たき火をおこなったものです。

またイタリアの友人宅では暖炉、
長野の友人宅では薪ストーブで、
火を燃やす楽しさを存分に味わったものでした。

今では、たまのバーベキューの時に、
炭を燃やすくらいなのが寂しいですが……。

知り合いは、今でもキャンプに出かけ、
かなりな頻度でたき火をしているそう。

ただ今どきは、地面で直接、
たき火をすること(直火)は
できないところがほとんどなので、
「焚き火台」を使っているとのこと。

ただそれもいいところがあって、
直火より、焚き火台を使った方が、
うまく火がたち、
きれいに燃やすことができるのだそうです。

《焚き火のススメ》
《全国「焚き火が出来るキャンプ場」紹介》
http://www.tokyo-d-plex.com/~tadahirokazumi/bonfire/map/index.html

ぱちぱちと木がはぜる音、薪(木)の香り、
千変万化、ゆらぐ炎。体の奥深くに入って
くるような暖かさ。
焚き火のすべてが、疲れた頭を癒やしてくれるよう。

ひさしぶりに焚き火をしたくなりました。

〇ノルウェーの国営放送局「NRK」では、
焚き火の映像だけを流している番組がある
と聞いたことがあるが、一度見てみたいもの。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

ずるい? 機械で筋肉アップ。知合いが通うのはスポーツクラブではなく整骨院。

年を取ればとるほど 重要になってくるのが筋肉。 なにもしないと衰える一方。 けれ …

ドキッとした言葉。「あなた、今、ときめいている人、ことはある?」。高齢の知人のときめきの工夫。

最近、80代の知合いにいわれ、 ドキッとした言葉があります。 「あなた、今、とき …

久しぶりに西式健康法の入浴法を実践している人に会った。お温と冷たい水風呂に交互に。

広くて気持ちが良く、 家より良く温まるので、 銭湯に良く出かけています。 先日、 …

区民カレッジの講座で新しい趣味を見つけた知合い。格安で生涯学習する方法。

まだ2月で少し早いのですが、春から何か始めよう と思っていらっしゃるシニアの方も …

年を取れば取るほど薬、サプリメントに注意。分解、排泄する肝臓・腎臓の機能が低下するため。

昨年の秋に受けた健康診断。 以前に比べて、腎臓、肝臓の値が悪くなっていました。 …

「思うは招く」。リアル下町ロケット、ロケットを開発する北海道・植松電機の植松努さん。そのお母さんの言葉。

2015年1月2日、フジテレビで放送された 「奇跡体験!アンビリーバブル」。 日 …

知人がこの冬、買って感動するほど良かったものは? 卓上切り出し七輪。

久しぶりに食通の知人に会いました。 会ってすぐに彼が話し始めたのは、 この冬買っ …

製麺機に負けた蕎麦打ち名人、次はコーヒー豆焙煎機に負ける?

以前、定年前後に始めた蕎麦打ちで、 「名人」と呼ばれるようになった知人が、 ヌー …

睡眠不足を自作のバスタオル枕に白い粉で克服した知合い。

睡眠不足は万病の元だそう。 認知症も睡眠不足によって 引き起こされる恐れありなん …

秋田で4人がクマの犠牲に。秋田県人、クマの大好物「ネマガリダケ」=「タケノコ」。

「ネマガリダケ」という食べ物をご存じですか? 「根曲竹」と書き、文字通り、根元が …