亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

秋になると、家の前のおじいさんが毎朝やっていた「焚き火」を思い出す。

   

小さい頃、実家の前の家は、
道に面した建物の横が、奥の庭につながる
通路になっていました。

秋から冬になると、毎朝、前の家のおじいさんが、
その通路の真ん中に、一斗缶で作ったストーブを置き、
火をたいていました。

燃やしているのは、木っ端。

おじいさんの家の隣は、大工さんの
仕事場、物置で、そこに木っ端が
たくさんあったのです。

火を炊き始めると近所のおじさん、おじいさんたちが、
集まってきて、火を囲んで、時にはお尻を火に向けながら、
互いに顔を合わせず、ずっと話をしていました。

小学校に通うため、朝、家を出た自分は、
その姿を見て、とてもうらやましく思ったことでした。

高校の頃だったか、
作家の椎名誠さんの本に出会いました。

島や海岸に大勢で出かけ、
たき火をし、宴会を開くという内容です。

それを読んで、小さい頃に感じた
焚き火の魅力を思い出したことでした。

焚き火は、人を哲学者にさせるのか、
一人でいるときは、深く自分の内面に、
複数でいるときは、相手、仲間の心の内に
入り込める気がします。

それを求め、大学の頃は、河口湖、
伊豆のキャンプ場などに出かけ、
たき火をおこなったものです。

またイタリアの友人宅では暖炉、
長野の友人宅では薪ストーブで、
火を燃やす楽しさを存分に味わったものでした。

今では、たまのバーベキューの時に、
炭を燃やすくらいなのが寂しいですが……。

知り合いは、今でもキャンプに出かけ、
かなりな頻度でたき火をしているそう。

ただ今どきは、地面で直接、
たき火をすること(直火)は
できないところがほとんどなので、
「焚き火台」を使っているとのこと。

ただそれもいいところがあって、
直火より、焚き火台を使った方が、
うまく火がたち、
きれいに燃やすことができるのだそうです。

《焚き火のススメ》
《全国「焚き火が出来るキャンプ場」紹介》
http://www.tokyo-d-plex.com/~tadahirokazumi/bonfire/map/index.html

ぱちぱちと木がはぜる音、薪(木)の香り、
千変万化、ゆらぐ炎。体の奥深くに入って
くるような暖かさ。
焚き火のすべてが、疲れた頭を癒やしてくれるよう。

ひさしぶりに焚き火をしたくなりました。

〇ノルウェーの国営放送局「NRK」では、
焚き火の映像だけを流している番組がある
と聞いたことがあるが、一度見てみたいもの。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

鏡を見る人ほど寿命が長い。体重計に毎日乗るだけで適性体重に。

会社の定期健康診断で気になる数字が出て、 医師・栄養士の指導を受けなければ なら …

ちょっとした手助けに、シルバー人材センターの利用。わずかな金銭的負担で生活が楽になったと知合いの高齢者。

電球の付け替え、掛け時計の電池交換、 敗れた網戸の張り替え、いらなくなった 鉢植 …

2月23日富士山の日。富士山初登頂した友人が強烈に富士登山を勧める訳。

語呂合わせで2月23日は富士山の日だそう。 富士山というと、 数年前の友達のチャ …

現役時代、精算大嫌いだった知人が定年退職後、つけはじめたスマホの家計簿ソフトで節約。

新年になったら、 新たに家計簿をつけて、 節約しようなんて考えている方、 いらっ …

杏ジャムの思い出。都議選の投票会場の小学校で思い出す。ペンション特製の杏ジャム。

東京都都議選。 2017年7月2日に行なわれました。 その投票会場になっていたの …

サツマイモの教訓。サツマイモはやせた乾いた土地に育つ。肥料を与えすぎると芋はやせる。

収穫の秋。 秋の味覚の一つサツマイモ。 今年とれたサツマイモは もう召し上がりま …

日本で初めての闘牛カレー、発売。沖縄闘牛で活躍した牛の肉を使っています。スペインの闘牛肉料理。

先日、近所の高級スーパーを訪れたら、 あまりのレトルトカレーの種類の多さに 驚き …

三助さんのいた荒川区・斉藤湯がリニューアルオープン。2015年4月27日。

三助さん。 言葉だけではなく、その存在を体験したり、 知っている方は、どれくらい …

自家製干し野菜で健康維持。やる気、満足感も。技術、道具なしでも出来ます。

ご近所の小料理店。 家族で経営している小さなお店で、 ほとんど近所の人や近くの会 …

友達2人のお母さんたち。同時期に骨折で入院。退院後は施設に。

高齢者が家の中で脚を骨折し入院。 一人暮らしできなくなり、施設に。 そうした話を …