「木魚」って何? 何のための道具? なぜ魚の形なの? 日本で作られているのは〇〇県のみ。

スポンサーリンク
未分類

あなたは、木魚をご存じですか?

多くの方は一度は見たことあるのでは。

2016年10月15日、テレビ東京で、
「シェアしたくなる!日本人の知らないニッポンのこと。
『衝撃!新常識30連発SP』」という番組が放送されました。
http://www.tv-tokyo.co.jp/official/nipponnokoto/

その中で、木魚についての知識が
紹介されていました。

もともと木魚は、平べったい魚の形をしており、
それがある京都府宇治市の萬福寺の現物を
紹介していました。
http://www.obakusan.or.jp/

こちらのお寺は禅宗の一派である黄檗宗。

禅宗のお寺では、木で龍頭魚身の形に作ったものを、
庫裡(くり)につるして、食事時に打ち鳴らして
合図としたのだそう。「魚板」

のみならず、起床、集合の合図としても
使われていたと言います。

これがさらに、鈴のような形に変化し、
僧がお経を読む時に、叩く仏具となったよう。
(魚鼓)

木造の円形で中空。表には魚鱗を刻んでいます。
これを布や革で先端を包んだ棒で打つのです。

中国から伝わった木魚。
鈴のように形の木魚は、上に記したように
お経を読むときに使う目的。

なぜ木魚がお経を読むときに使われたのか?

それは叩いてリズムを刻み、
お経を覚えやすくし、また
お坊さんの眠気を覚ますというためと言われています。

また木魚の原型であるものの魚の口には、
丸い玉があります。
これは「煩悩の珠」とされています。

木魚を叩くのは、自分の中から煩悩を
たたき出すためとも。

なぜ魚の形なのか?

これは、魚が、日夜といわず目を閉じず、
眠らないものだと信じられていたところから、
寝る間を惜しみ修行せよとの意味あいとか。

ちなみに、現在、日本で木魚を
手作りしているのは、愛知県のみ。

《あいちの伝統工芸品》
https://www.pref.aichi.jp/sangyoshinko/densan/210.html

〇愛知県愛西市(あいさいし)の
市川木魚製造所は、
お寺の木魚だけを作っている唯一の工房。

〇愛西市は名古屋市の西。
レンコン生産でも有名。
織田信長の生誕地とされる
勝幡城(しょうばたじょう)跡がある。

Amazonサーチ
未分類
スポンサーリンク
nikitokiをフォローする
亀の知恵

コメント