亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

カストロ前議長の銅像建立禁止、遺言を尊重して。伯父さんの失敗。

   

先日、亡くなったキューバのカストロ前議長。

キューバ革命から50年あまりにわたり、
社会主義政権を担ってきた指導者です。

弟のラウル・カステロ氏が、兄の遺志として、
フィデル氏の個人崇拝につながる銅像、
モニュメント建立や、建物、広場などに
名前をつけないことを表明しました。

社会主義政権で建国の英雄の一人でもある
カストロ前議長が、こんな考え方を持っていたとは。

社会主義の国々では、銅像を国中に立てたり、
遺体を永久保存して国民に見せたりといった、
個人崇拝を強いるところが多い中、意外でした。

そうそう遺言の中には、遺体を火葬にすることも入っていたそう。
これは上に書いたように、遺体を保存して、
個人崇拝の対象となることを防ぐためのようです。

この話を聞いて、とても感銘を受けると共に、
伯父の失敗談を思い出しました。

伯父は一代で先祖から受け継いだ土地をもとに、
商売を興し、成功を収め、富と名声を得ました。

もちろん一国の指導者には
及びも付きませんが、
なかなかに立派な人物です。

その伯父さんが「あれは失敗だった」と
何度も話してくれたのが、銅像です。

取引先の人が紹介した業者が、
家や会社にやってきて、
「あなたが作らないで、誰がこの地域で作るのか」
とまで言われ、いやいやながら、
銅像(胸像)を作ったのだそう。

家の中に飾る小さいものと、
もう一つは外に飾る大きめのものの2つ。

そのときは、自分でもこれまで頑張ってきた。
一つの節目、記念として作ろうと考えたのだとか。

けれど、出来上がって、家の中、
そして、会社の外にある銅像を眺める度に、
作るんじゃなかったと後悔していると。

その理由は?

立派な人物であれば、
「自分」で銅像を造るのではなく、
周囲の誰かまたが多くの人が、
作ろうと言い出すもの。

自分が造るというのは、
銅像の資格がないということなのだと。

がっかりと落ち込んでいた伯父に対し、
次のように伯母は言いました。

「造ってしまったものは仕方ない。
亡くなった後、やっぱりあの人は
銅像にふさわしい人だったと言って
もらえる人に、今からなればいい」。

伯父はこの言葉に救われたとも。
自分も伯母のこの言葉は、
身内ながらすごいと感じ入りました。

カストロ前議長の
遺言でこんなことを思い出しました。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

あなたはまだ捨てています? リンゴの皮、野菜の皮、へた。上手な活用方法。

先日、知合いの男性と雑談。 その時に、毎朝、健康のために、 リンゴを食べ、お昼に …

養老孟司さんが、40歳過ぎまであいさつが苦手だったわけ。5歳直前、亡くなったお父さんに言えなかった「さよなら」。

解剖学者の養老孟司さんへのインタビューが 2015年9月14日から朝日新聞夕刊で …

阿藤快さん、大動脈破裂胸腔内出血でなくなる。「背中の痛み」を訴えていた。体の訴えを聞く。

俳優の阿藤快さんが、お亡くなりになりました。 9月、知合いの方が、阿藤快さんとお …

週刊新潮が、週刊文春は不正に入手した中吊り広告で「スクープ潰し」との記事。スクープとは? 独占スクープ、単独スクープ。

週刊新潮が、2017年5月18日発売の号で、 ライバル誌である週刊文春が、新潮の …

小池都知事が定例会見で、豊洲市場を表して言った「どんがら」ってどんな意味?

小池都知事が2016年8月26日、 定例の会見を行いました。 その中で築地市場の …

2015年ノーベル物理学賞、ニュートリノ研究の梶田隆章さんら2人に。

2014年そして昨日に続いて、日本人の研究者が またノーベル賞受賞です。 スウェ …

母が捨てずに残しておいたチラシは、血赤珊瑚買い取りのものだった。帯留め、ネックレス。

ここ何年か、家にチラシや電話で、 金を初めとする貴金属買い取りの 依頼がたくさん …

年配の山登り、マラソン愛好家に教わったこと。アミノ酸の利用。

先日、お茶の水のビクトリアに行きました。 トレッキング用の靴下を買うため。 トレ …

日本のバイオリン王・鈴木政吉、「わしは二本のぼうで人生を乗り越えてきた。辛抱と貧乏だ」。

先日、2016年2月14日に、 東海テレビが制作した番組 「日本のヴァイオリン王 …

日刊スポーツで男性更年期の特集。9月から開始。三浦雄一郎さん。ビートたけしさんも悩む。

女性の更年期。 良くしられています。 男性にも同様な更年期があることが、 少しず …