「出雲大社」。読めますか。では「伊勢神宮」の「内宮」「外宮」は。正式名称をご存じですか。

スポンサーリンク
ニュースな言葉

「出雲大社」の正式な読み方がネットで話題に

拝殿

2023年1月。初詣にいらっしゃった方も多いことでしょう。
日本有数の参拝者を誇る出雲大社。
その正式な読み方がネットで話題になっています。(ネットニュースで見かけました)
あなたはご存じですか。

出雲大社は「いずもたいしゃ」じゃないの。ATOK、国語辞典は。

「出雲大社」は、「いずもたいしゃ」。そう読んでいる方がほとんどではないでしょうか。
自分もずっとそう読んでいました。
出雲大社の最寄り駅の一畑電車大社線の「出雲大社前駅」の読み方は「いずもたいしゃまええき」。
旧国鉄の駅は「大社駅」(たいしゃえき)。

旧大社駅

出雲大社がある島根県出雲市大社町は、「たいしゃちょう」。
パソコンの日本語変換のFEP「ATOK」では、「いずもたいしゃ」と入れると、
「出雲大社」と一発変換されます。
各種国語辞典でも「出雲大社(いずもたいしゃ)」が見出し項目になっています。

出雲大社のHPでは「いづもおおやしろ」、辞書の中の説明、地元の人。

ところが自分も地元に行ってわかったのですが、正式な読み方、呼び名は、「いづもおおやしろ」
なんですね。

出雲大社は正式にはどのように読むのでしょうか?

2020-06-16

一般的には「いづもたいしゃ」と申しておりますが、正式には「いづもおおやしろ」です。

https://izumooyashiro.or.jp/archives/faq/7897

なお辞典の中には、「の」を入れて「いずものおおやしろ」と記しているモノもあります。

いずものおおやしろ (精選版 日本国語大辞典、デジタル大辞泉)

https://kotobank.jp/word/%E5%87%BA%E9%9B%B2%E5%A4%A7%E7%A4%BE-30893

正式な呼び方ではなく、愛称ではどうなんでしょうか。
地元の方は、親しみをこめて「大社(たいしゃ)さん」と呼んでいた記憶がありますね。
なお大社とは、一般的な意味では、きわめて大きな神社、由緒ある名高い神社を指しますが、
多くの場合、単に大社とあれば、「出雲大社」を指します。

「出雲大社」の略。

https://kotobank.jp/word/%E5%A4%A7%E7%A4%BE-91243

伊勢神宮の「内宮」「外宮」の読み方は

この「出雲大社」の正式な呼び方で思い出したのは、伊勢神宮の「内宮」「外宮」です。
あなたは、この2つの読み方をご存じですか。
自分は、伊勢神宮を訪れるまで、「ないぐう」「げぐう」と読んでいました。
そうしたら地元の人に、「地元では《ないくう》《げくう》と濁らないんですよ」と
教えられました。
ATOKでは、「ないくう」「ないぐう」どちらでも、「内宮」に一発変換。
「げぐう」「げくう」どちらでも「外宮」に一発変換してくれます。
(内宮、外宮どちらとも「読みつけあり」と読み方に注意が必要なことを表示してくれます)
ちなみに内宮は、皇大神宮(こうたいじんぐう)、外宮は豊受大神宮(とようけだいじんぐう)。
伊勢神宮のサイトに書かれています。

なぜ、内宮(ないくう)と外宮(げくう)と呼ぶのですか?

https://www.isejingu.or.jp/first/question.html

伊勢神宮の正式な名称をご存じですか。

ところで上には、「伊勢神宮」と記しましたが、正式な名称をご存じでしょうか。
それは「神宮(じんぐう)」。
日本の神社の中で最高の特別格の存在のため、「神宮」は伊勢神宮を指すのですね。

伊勢神宮の公式サイトを見るとわかりますが、単に「神宮」となっています。
https://www.isejingu.or.jp/

現在も伊勢神宮、また「お伊勢さん」と称されるが、正式にはただ神宮という。

https://kotobank.jp/word/%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%A5%9E%E5%AE%AE-30959

正式に神宮とされるのは伊勢だけで、ほかはすべて神社とされる。

https://kotobank.jp/word/%E7%A5%9E%E5%AE%AE-81520
created by Rinker
¥800(2023/01/31 02:45:58時点 Amazon調べ-詳細)

出雲大社、伊勢神宮。どちらにも何度か行ったことがあるのですが、いつも駆け足。
参拝以外にも見所はたくさんあるので、次回はじっくりゆっくり時間をかけて、
訪れたいものです。

神社巡りに必須なグッズとは

出雲大社、伊勢神宮など神社をめぐるのに必須なアイテム、グッズは、
御朱印帳、(お賽銭、おみくじなど)小銭入れ、ガイドブック、メモ帳、
単眼鏡、小型のLEDライト、御朱印、お守りを入れる袋など。

そしてなによりも大事だと思ったのが、歩きやすいシューズです。
出雲大社、伊勢神宮に限らず一般的に有名な神社は広いし、玉砂利などもあります。
中を元気に歩き回るには、ウォーキング用のシューズが最適ですね。

ミズノのLD40Ⅵは、防水で雨の日でも大丈夫。軽くてショックをよく吸収してくれ、
安定感があり、疲れにくいですね。黒だとちょっとフォーマルな場所でもOKですね。

プロフィール
この記事を書いた人

35年以上にわたり、放送(TV、ラジオ)業界、イベント制作に携わる。
30年余り、放送関係の専門学校講師を勤め、企画書、台本の書き方を
教える。10年余りホテルの食に関するHPの制作、コンサルタントも、
行う。新聞は小学4年生から読み始め、多い時には13紙を愛読。現在は朝、毎、読、日経、日経流通、日経産業、産経、東京、日刊スポーツの
9紙を購読。取引先、図書館で地方紙、専門紙、雑誌もチェックする。
ブログ「トクダス」
https://nikitoki.blog.ss-blog.jp/
ブログ「人生やり残しリスト」
https://yarinokoshi.blog.ss-blog.jp/

nikitokiをフォローする

Amazonサーチ
ニュースな言葉
スポンサーリンク
nikitokiをフォローする
亀の知恵

コメント