知合いが、泣きながら食べたコッペパン。思い出料理人。

スポンサーリンク
未分類

昨日、2017年3月1日、
浅草橋の福井町通りを歩いていたら、
《コッペパンカフェ イコール》という
コッペパン専門店を見つけました。

以前、そこにあったのは、
カフェとマッサージ店。
いつの間にか変わったようです。

そういえば、少し前、近所の人が
こちらの卵焼きをはさんだコッペパンに
ついて話してくれた覚えが。

ここだったんだと確認しました。

今、この浅草橋のお店に限らず、
あちこちにコッペパンの専門店が出来て、
どこも人気があるみたいですね。

自分より少し年上の知合いが、
去年暮れ、やはり近所にコッペパンの
専門店が出来て、そこで家族が買って
きてくれたコッペパンを食べたときの
話をしてくれました。

土曜日のお昼、その方は自宅のリビングで、
テレビを見ながら、コッペパンにほおばった。

バターナイフで上から縦半分に切れ目を入れ、
バターではなく、マーガリンそして缶詰の
粒あんをたっぷりとはさんで、ほおばった。

飲み物はマグカップにはいったホットミルク。

がぶりとコッペパンにかぶりつく。
小麦粉の香りとマーガリンの油っぽさと、
粒あんの甘さ。

それらが一体となって、口の中からのどに
通り過ぎていく。

もう一口、次のパンを入れて、かんだら、
今度はホットミルクで流し込む。

食べていたら、なんだかボロボロと
涙が出てきたといいます。

小学校の時を強烈に思い出したと言います。

彼のお宅では、
お母さんも働いていて、
土曜日もいない。

半ドンの学校から帰ってきた昼は、
大抵、お母さんが置いていったコッペパン。

そこに自分でマーガリンを塗って、
あんこやジャムなどをさらにはさんで
小さなミルクパンでミルクを温めて、
一緒に食べていたんだそう。

そんな小学生の時の風景の記憶が
鮮やかに蘇ったといいます。

「自分でもなんで涙があふれてきたか
わからない」。

そう知人は言いました。

人によって違うと思いますが、
多くの人には、思い出の引き金となる
食べ物があるのではないでしょうか。

知人にとってのそれは、コッペパンだった。

そういえば数日前、フジテレビで
テレビ西日本制作の
《「こんな仕事があったんだ」2》
という番組が放送されました。
http://www.tnc.co.jp/wonderfuljob/

その中に、
《それぞれの記憶の中の“思い出の味”を再現する
「思い出料理人」の宗河美幸さん》が紹介されていました。
http://miyuki-cooking.com/

番組では、香川県の女性が、小さい頃、
父親に作ってもらった鮒料理「てっぱい」。

そして番組MCの博多華丸が、
小学生の頃に食べていた
今はもう無くなった福岡県民プール前に
出ていたワゴン車で売っていたホットドッグ。

この2つを再現していました。

「てっぱい」は、香川県に多いため池に生息する鮒を
薄切りにして塩をして、短冊にした大根、人参と一緒に
酢味噌であえた料理。

宗河さんは、依頼人の娘さんの話を聞き、
一緒に地元のスーパーを回りながら、
お父さんが使っていたであろう味噌を探したり、
鮒を取り寄せたりして、何度も試作を繰り返して、
思い出の料理を再現していました。

ホットドッグの方は、華丸が覚えている
細長い真っ赤なソーセージは、
今はもう作られていないので、メーカーに
特注してつくってもらっったとか。
(このホットドッグのパンはコッペパンのよう)

香川県の女性も華丸も、再現してもらった
料理を食べると、涙をあふれさせ感激していたのが、
とても印象的でした。

食べ物の思い出というのは、
人間の本能に訴えるところがあるようです。

そういえば、小説が原作の
https://www.shogakukan.co.jp/books/09388334
「鴨川食堂」というドラマが、
1年ほど前にNHKーBSプレミアムで放送されました。
http://www.nhk.or.jp/pd/kamogawa/
これも思い出の味を捜す、再現する
という料理人の物語でした。

これも思い出の料理の再現を頼む
依頼人にとても共感するドラマでした。


ドラマの時は、鴨川流に、
そして今回の番組だったら、宗河さんに、
何を依頼するかなーと思って見ていました。

あなたが再現してもらいたい料理は何ですか?

Amazonサーチ
未分類
スポンサーリンク
nikitokiをフォローする
亀の知恵

コメント