アルファフェイバリット英和辞典第2版を読む。crayon~。

スポンサーリンク
アルファフェイバリット英和辞典第2版

アルファフェイバリット英和辞典第2版を読む。

crayon クレヨン
クレヨン自体は幼稚園(保育園)の時から
使っていたと思うが、小学校入学の時に
12色セットのクレヨンと絵の具を買ってもらった
時はうれしかった。もう6年近く前になるが、
甥っ子が小学校に入学するとき、揃えた学用品を
見たら、クレヨンが入っていたが、12色ではなく
16色だった。これは有名な話だが、「肌色」という
表記がなくなっていて「うすだいだい」とかに
なっていた。肌色は減りが早い色だったが……。
自分の場合、減りが早かったのは青系統と緑系統の色。
空、海、そして草花を描くことが多かったからか。
小学校ではないが、中学1年の時、学年で学校近くにある
川の広い河原に行き写生をして1枚の絵に仕上げた。
緑、黄緑など緑ばっかりだった。それを見た社会担当の
先生が見た目そのままに「緑ばっかりだなー」と感想を
言ったのをよく覚えている。ニュアンスからは、もっと
他の色も使いなさいというのが言葉の裏の意味と感じた。
大学1年の時、新宿の伊勢丹でルソー展があり見に行った。
その作品で描かれている緑を見て、自分が中学1年の時に
描いた絵を思い出した。

Amazonサーチ
アルファフェイバリット英和辞典第2版
スポンサーリンク
nikitokiをフォローする
亀の知恵

コメント