10月18日は冷凍食品の日。冷凍食品専用の冷凍ストッカーを購入した知り合い。

スポンサーリンク
未分類

10月18日は冷凍食品の日なんだそう。

10月は食欲の秋。
冷凍の「凍」(とう≒10)と、
冷凍食品の保存・流通温度が“-18℃以下”
というところから、10月18日を
冷凍食品の日と、
社団法人日本冷凍食品協会が制定したんだそう。
http://www.reishokukyo.or.jp/

冷凍食品については以前にも
何度か記事を書いたことがありますが。
高齢者に限らず、多くの人にとって、
食生活のレベルをあげてくれる
重要な製品であるようです。

冷凍技術が発達し、冷凍食品のレベルが
かなりあがり、素材から完成品まで
バラエティある製品が各種そろっています。

高齢になって奥さんに先立たれた知り合いは、
冷凍のお弁当を勧められて積極的に利用した結果、
栄養状態がかなり改善されたそう。

そうした冷凍お弁当を使う以前は、
外食に頼ったり、
外に出るのが面倒くさいときは、
家にあるお菓子、パンなどで
済ませることが多く、
様々な栄養成分が不足し
栄養失調気味だったと言います。

ところが常時、解凍すればすぐに食べられる
冷凍食品を常備しておくことで、
そうした不便が解消。

栄養バランスのとれた食事を
簡単にとれることになり、
栄養不良や欠食がなくなり、
栄養状態が劇的に改善し、
それに伴い健康状態もよくなったと言うのです。
(冷凍でないお弁当の宅配サービスは、
外出したり、旅行に行ったりなどした時に、
食べられなくなる不便がある。事前に頼めば
その日の配達をキャンセルできるがそれも面倒。
知人には合わなかったようです)

ただ困ったのは保存場所。

従来の冷凍庫が小さいタイプの冷蔵庫を
使っているので、十分な保存ができないとのこと。

冷蔵庫の買い換えも考えたのですが、
量販店の店員に相談したところ、
冷凍食品を専用に保管する冷凍ストッカーを
勧められ、それを購入したところ、
保管の悩みは解消したとのことです。

わが家も電気代節約のため
20年選手の冷蔵庫を何年か前に
買い換えたのですが、先に買い換えた姉や
店員さんから「冷凍庫のできるだけ大きなものを
買ったほうがよい」とのアドバイスを守り、購入。

かなり満足していますが、それでも足りず、
もう一台ある冷蔵庫の冷凍庫も利用しています。

こちらもかなり古い製品なので買い換えるか、
上の知人のようにいっそ古い冷蔵庫はやめて、
新しく冷凍ストッカーにしたいと考えています。

保存性もあり、値段も安い冷凍食品。
これからもうまく利用したいものです。

 

Amazonサーチ
未分類
スポンサーリンク
nikitokiをフォローする
亀の知恵

コメント