怒りのピークは6秒。怒りを自分でコントロール。

スポンサーリンク
未分類

最近、腹のたつこと多くありませんか?

高齢になればなるほど、穏やかになる。
そんなイメージがありますが、
逆に、最近ニュースを騒がせているのは、
高齢者の方が駅員や店員などに怒りを爆発させ、
暴行に及んでしまうという事件です。

高齢になると、怒りのコントロールが難しくなることがあるようです。

高齢の方に限らず、働き盛りの人、若い人も含め、
最近よく耳にするのがアンガーマネジメント。

これは怒りを自分でコントロールすること。
怒りを爆発させ、上にあげたような暴力に及んだり、
者を壊したり。
そんなことにならないように、怒りを収める方法を
具体的に示しています。

その1つ。
それは、怒りのピークは6秒というもの。

どんなに怒りが大きい場合でも、その怒りの感情は、
6秒で最大となり、その後、急速に静まっていくのだそう。

ここから導かれるのは、怒りの感情が起こったら、
ともかく6秒ほど、感情を抑えること。
怒りの原因がわかっている場合、
その場所、人から離れるというのも有効だそう。

怒りは、人の心だけでなく、身体を傷つけ、
寿命を短くしてしまうとのこと。

アンガーマネジメント。
学びたいですね。

2015年6月20日、NHKの
《助けて!きわめびと「イライラが止まらない」》で
http://www4.nhk.or.jp/kiwamebito/x/2015-06-20/21/28101/
アンガーマネジメントが取り上げられていました。

日本アンガーマネジメント協会
http://www.angermanagement.co.jp/

Amazonサーチ
未分類
スポンサーリンク
nikitokiをフォローする
亀の知恵

コメント