チョコで認知症予防? 脳の栄養分たんぱく質BDNFが増加。

スポンサーリンク
未分類

夏の暑い盛り。
チョコレートも溶けるような時期ですね。

それでもチョコを召しあがっている人、
多いかもしれません。

かくいう私もその一人。
高カカオ含有のチョコの効能に期待してです。

2015年7月17日、「明治」や愛知県蒲郡市などが、
チョコに関する研究成果をまとめて、発表しました。

それによれば、チョコレートに含まれるカカオポリフェノールに、
脳の重要な栄養分となるたんぱく質の一種
「脳由来神経栄養因子(BDNF)」を
増やす働きがあることが分かったとのことです。

なおBDNFは、認知症との関係で注目されている物質で、
記憶や学習などの認知機能にかかわる栄養分。
65歳以上の人は、年とともに減ると言われています。

蒲郡市民ら350人ほどが参加した実証実験は、
2014年の6月中旬から4週間かけて行われました。

カカオポリフェノール分72%のチョコレートを、
毎日25グラム食べて、摂取前と摂取後の血中の
BDNF濃度などを調べました。

それによれば、
BDNF濃度の平均値は、
摂取前 1ミリ・リットルあたり6・07ナノ・グラム
4週間後           7・39ナノ・グラムに。

ここから、チョコを食べることは、BDNFを高め、
認知症予防効果があると推定されています。

なおBDNFは、適度な運動などでも増えることが確認されています。

プレスリリース
《【明治:カカオポリフェノール研究】
日本初の、チョコレート摂取による大規模研究
チョコレート摂取による健康効果を確認
~7月17日(金)名古屋にて最終報告会を実施~》
http://www.meiji.co.jp/corporate/pressrelease/2015/detail/20150717_01.html

上記の他にチョコレートを摂取すると、
以下のような結果・効能があるとされています。

《「チョコレート摂取による健康効果に関する実証研究」のまとめチョコレートの摂取により、

  1. 血圧が低下(血圧が高めの人ほど、正常な血圧の人より血圧が低下)
  2. 善玉コレステロール(HDLコレステロール)が上昇
  3. 精神的にも肉体的にも活動的※1
    ※1:アンケート調査によるものです。
  4. BDNF(脳由来神経栄養因子)※2が上昇する可能性を確認
    ※2:BDNFは、うつ病やアルツハイマー型認知症、
    記憶・学習などの認知機能との関連性が報告されています。
  5. 動脈硬化の検査などに使われる炎症指標(hs-CRP)と
    酸化ストレス指標(8-OHdG)が低下※3
    ※3:数値が第3四分位(高めの人の上位4分の1)
    以上の人で低下を確認しました。
    なお、チョコレートの摂取前後で、体重・BMIの増加や、
    安全性評価項目(血液検査など)に問題は認められませんでした。》上記はカカオ分72%ですが、明治では86%、95%のチョコも発売されています。
    http://catalog-p.meiji.co.jp/products/sweets/chocolate/010111/00408.htmlまたカカオ分100%のチョコも。
    こちらは全く砂糖類が入っていないため、
    慣れないと食べるのがなかなか困難です。

    上記とは別のチョコレートに関するニュース
    明治ではありませんが、
    サンスターから26日、
    糖類ゼロ、1箱80キロカロリーのチョコが発売されます。

    《糖を気にする方に!糖類ゼロで1箱(4本)食べても80kcal(1単位)、
    間食をうまくコントロールできる
    「健康道場 <うまくつきあう80kcalショコラ>」新発売》

 

Amazonサーチ
未分類
スポンサーリンク
nikitokiをフォローする
亀の知恵

コメント