熊本在住の106歳の元教師、台湾の教え子たちとインターネットで、およそ80年ぶりの再会が実現。

スポンサーリンク
未分類

現在、熊本に在住の106歳の女性が、
台湾の教え子に送った一通の手紙。

そこから映画のような感動的な物語が始まりました。
あなたはご存じですか?

このブログでは5月にご紹介しています。
終戦前、台湾で小学校の教師をしていた
高木波恵さん、106歳。

今年、日本で公開された映画「KANO」。
台湾から夏の甲子園に出場した
嘉義農林学校の活躍を描いた映画です。

高木さんは、当時、台湾で
決勝戦のラジオ中継を聞いていたのだそう。
朝日新聞玉名支局から、
映画にからんで取材を受けたのです。

それがきっかけとなり、台湾時代の教え子が懐かしくなり、
手紙を書いたとのこと。

けれど、今はない昔の住所で出したため、
その手紙は、郵便局に留まっていました。

その分厚さから、大事な手紙に違いないと思った
郵便局員が同僚や地元の人の協力を得て、宛先を
探しだし、3月に無事、教え子に届けられたのです。

この実話は、まるで映画のような話と話題になり、
20人余りの教え子から40通を超える返事が届きました。

再会を望んだものの、先生、教え子ともに高齢。
そこでインターネットを使った映像での対面を
ということになりました。

日本企業がその支援を申し出て、
2015年9月8日、対面が実現したのです。

教え子たちが集まったのは
台湾中部の台中の烏日小学校の講堂。
そのスクリーンには、熊本県玉名市の
高木波恵さんが映し出されました。

20人ほどの教え子は80代後半から90代。
マイクを握って、先生に呼びかけます。

朝日新聞によれば、
《「お孫さんと遊びに来てください」
「長生きのひけつは」》。

もちろん使われたのは日本語。

およそ80年ぶりの再会。

〇インターネットを使ったテレビ対面を支援したのは、
ウェブ会議サービスを展開する「ブイキューブ」社。
https://jp.vcube.com/
その社長の《間下氏は「離れていても顔を見て話が出来ることが
豊かな生活につながるということを感じていただく機会になれば」と》
語っていらっしゃいますが、まさにこの対話はその言葉通りですね。

高木さんも、台湾の教え子の皆さんも、
これからも長生きされることをお祈りします。

朝日新聞
《奇跡重なり80年ぶり再会 106歳元教師と台湾教え子
村上伸一、台中=鵜飼啓2015年9月9日05時08分》
http://www.asahi.com/articles/ASH985RJ1H98UHBI01S.html

関連エントリー
106歳の先生がおよそ80年前の教え子に手紙。宛先不明。郵便局員が懸命の努力で配達。

 

Amazonサーチ
未分類
スポンサーリンク
nikitokiをフォローする
亀の知恵

コメント