ICレコーダーを活用する高齢者。お医者さん、店員の説明を録音。カラオケ、メモがわり。

未分類

2015年12月7日、歌舞伎座に向かう
都営浅草線の車内で、座席に座った
高齢の女性が耳にかけるヘッドフォンで
何かを聴いています。

手元を見ると、スマートフォン、
音楽プレイヤーでなくて、
ICレコーダーです。

聴きながら、膝の上に置かれた小さなノートに、
何かを書き付けています。

お隣りだったので、
見えてしまったのですけれど、
英語を書き取っていたのでした。

一部テキストが見えたので、
おそらくラジオの語学講座を聴いていたのだと思います。

この方に限らず、高齢の方でICレコーダーを
生活の中でうまく活用されている方は多いと思います。

もしかしたあの通販で知られる
高田社長の影響かもしれませんが……。

複数の知合いの高齢者のICレコーダー活用法

○ニュース番組(テレビ、ラジオ)を録音し、
ゆっくり聴く。
文字通り、再生速度を遅くして聴く。
ICレコーダーに再生速度を遅くする機能を利用。

○同様にラジオ番組の録音
好きな時に少しずつ聴く。時間にしばられない

○店員さん、お医者さんの説明、指示などを録音する
電気製品や、ちょっと物を買ったとき、最低限の
使用法を店員さんに説明してもらう。それを聞き返す。
お医者さんに診察してもらったときの病状の説明、
気をつけることなどを、先生の許可を得て録音。
メモや説明書などを紙でもらうが、声が一番わやりやすく
安心なので、後で聞き返して確認。

○電話の録音
コードをつなげば電話もきれいに録音。
言った言わないを避けることができる。
特殊詐欺の防止にも。

○買い物、用事などを録音
すぐ近くに紙、筆記具がないときでも、
ワンタッチで録音できる。
○スケジュールを録音
ICレコーダーの中には、日付を選んで
録音するとスケジュールを録音できるそう
(ボイスメモ)
○カラオケ、語学、習い事の練習
これは若い方もこの用途で使っている人
○上記以外で、覚えたいことを自分の声で録音し、
繰り返し聞く。
自分の声で吹き込むと覚えやすい。
カセットテープに較べリピート再生が簡単。

○孫の声、猫、犬などの鳴き声を録音
聴くと心がなごむので、
何度も聞き返しているそう。

○好きな音楽、落語、朗読などを入れる
これは音楽プレイヤーと同じ用途。
ちょっと上級編ですが、最近はネットで
デジタルでそうしたコンテンツを販売しており、
それをパソコンなどでダウンロードし購入。
それをICレコーダーに移動して聴いているようです。

皆さん、様々な用途で活用されて、
生活を充実させているよう。

自分も以前は使っていたのですが、
最近は全然使っていませんでした。
新機種を買って、使いこなしたいと思いました。

コメント