寝室から電気製品を排除し、健康になったという知合い。

未分類

知合いの方から、自宅の寝室から、
ありとあらゆる電気製品を取り除いたところ、
非常に落ち着き、健康になったという話を聞きました。

その方は、全国の秘湯が好きで、
電気が引かれていない、いわゆるランプの宿
というところに何度も泊まったことがあるそう。

電気が来ていないので、客室には電化製品ゼロ。
携帯電話も使えない場所もあったそう。
そこでついでだから自分が持って行った
電化製品もすべて電源を切ったとのこと。

そしたらなんだか気持ちが楽になり、
ぐっすり眠れたとのこと。

もちろん温泉やきれいな空気などの
効果もあったと思うのですが、
個人的に、なんとなく、電化製品がない方が
調子が良いと感じたそう。

家中から電化製品をなくすことは無理なので、
せめて寝る場所だけはということで、
寝室にあった電化製品の数々を、天井から下がる
照明、乾電池で動く目覚まし時計も含め、
とにかくすべて取り払ってみたとのことです。

○壁掛け式時計、ベッド脇目覚まし時計
○空気清浄機
○加湿器
○照明、スタンドライト
○小型液晶テレビ、DVDプレイヤー
○温熱ヒーター
(エアコンは、隣の部屋にあり、
ドアをあけて冷風・温風を送り込む)
○電話機子機
○スマートフォン、携帯電話充電機
○携帯電話、スマートフォン、タブレットなどはリビングに

電磁波の問題などが言われますが、
最近の電化製品はそうした対策は
しっかりされているので、ほとんど
問題にはならないはずですが、もしかしたら
微弱な電磁波が悪さをしていたのかもしれません。

もしくは、精神的な面の方が大きいのかも、
携帯、スマホなどのデジタル製品は、
仕事、対人関係を思わせる道具で、
それがストレスになることも考えられます。

「デジタル断食」という言葉がありますが、
そうした電子機器を持たないと、
はじめ中毒症状のように落ち着かないが、
次第に精神が落ち着いてくる
なんてことも言われていますから、
それと同じ効果があったのかもしれませんね。

いま、部屋にものをなるべく置かないという
ミニマリストという人たちの暮らし方が
注目を浴びていますが、電化製品、電子機器を
なるべく持たないで、電化以前の生活を
送ってみることが、人間の五感を呼び覚ましてくれるのかも。

一気にすべてというのは無理そうですが、
せめて寝るときには、電化製品をなるべく
取り除いて試してみたいですね。

Amazonサーチ
未分類
nikitokiをフォローする
亀の知恵

コメント