福引き2等に当たった母。運を無駄遣いするな。ついていないと思う時は、運を貯めている時。

スポンサーリンク
未分類

近所の福引きで、2015年12月29日、
母が2等をあてました。

母は昔から福引きに強く、人形町商店街の福引きでも
何度も上の等をあてています。

なので家では福引き券をもらうと、
すべて母が引くようにしています。

2等の賞品は小さな羽子板。
もらって帰ってもしょうがないので、
母は後ろに並んでいた外国人の旅行者に
プレゼントしたそうです。

福引き、宝くじでいつも思い出すのは、
「運を無駄遣いするな」という教訓。

運の総量というのは決まっていて、
何でも無いときに運=ラッキーを
使ってしまうと、本当に欲しい、
必要とするときに使えなくなってしまう。

なので、小さなラッキーは欲しがらない、
恵まれないようにする。

そんな教えです。

これは祖母をはじめ、先輩など多くの人に
同じことを言われました。

萩本欽一さんも同じ考えのようで、
本やインタビューの中で述べられています。

競馬、マージャンなどで勝つと、仕事がダメになる。
仕事(=テレビ番組)で当てようと思うなら、
ギャンブルは負けろと。

《人生やり残しリスト》
「ダメなときほど運はたまる」。萩本欽一さんの「運のいい人」になるための50のヒント。

運は無駄遣いせず、
欲しいと思う時のために貯めておく。
ついていないと思う時は実は、
運を貯めている時。

なかなかそうした心境にいたるのは
難しいですけれど、日常の小さなラッキーを
必要としない人間になりたいなー。

あなたはいかがですか?

Amazonサーチ
未分類
スポンサーリンク
nikitokiをフォローする
亀の知恵

コメント