コーヒー、緑茶で病死の危険が減少。国立がん研究センター、東大が発表。

スポンサーリンク
未分類

毎日、朝と夕に緑茶。
そしてコーヒーを飲んでいます。

下の死亡率が低い条件にぴったり
あてはまっているのですが……。

緑茶やコーヒーを飲むと、心臓病、脳卒中などのリスクが
減るとの調査結果を、国立がん研究センター、東大などの
研究チームが発表しました。

例えば、緑茶を1日5杯以上飲む人は、1杯未満の人に比べて、
死亡するリスクが男性は13%、女性は17%下がっていました。

コーヒーを1日3~4杯飲む人は、ほとんど飲まない人よりも
死亡リスクが24%減少、中でも脳卒中については
43%低くなっていました。
なお5杯以上飲む人については、
十分なデータが得られなかったため、
明確な有効性は確認できていません。

緑茶が上のこのような結果を導いたのは、以下の3点が考えられる。

緑茶に含まれるカテキンに、血圧や体脂肪、脂質を調節する
効果があるといわれている上、血糖値改善効果があるとされている。
第二に、緑茶に含まれるカフェインが血管内皮の修復を促し、
血管を健康に保つとされている。
第三に、カフェインには気管支拡張作用があり、
呼吸器機能の改善効果があるのではないかと言われている。

これらの効果が、循環器疾患や呼吸器疾患死亡につながる
危険因子の調整に寄与しているのかもしれないと。

コーヒーについては、砂糖やミルクを入れるかなど
飲み方の違いは考慮していません。
(缶コーヒー、インスタントコーヒー、レギュラーコーヒーを含む
コーヒーの摂取頻度を尋ねており、またカフェインと
カフェイン抜きコーヒーを分けてはいない)

コーヒーに関しては、コーヒーに含まれ血糖値や血圧を調整する
クロロゲン酸や、血管の健康を保つカフェインの効果が考えられる。
がん死亡については、関連が見られなかった。

〇調査は、全国に住む40~69歳の男女およそ9万人に対し実施。
19年間継続して経過を追った。

詳しくは、
国立がん研究センター
《2015/05/07 緑茶と死亡・死因別死亡、コーヒーと死亡・死因別死亡について》
http://epi.ncc.go.jp/jphc/745/3533.html
《緑茶摂取と全死亡・主要死因死亡との関連について》
http://epi.ncc.go.jp/jphc/outcome/3526.html
《コーヒー摂取と全死亡・主要死因死亡との関連について》
http://epi.ncc.go.jp/jphc/outcome/3527.html

Amazonサーチ
未分類
スポンサーリンク
nikitokiをフォローする
亀の知恵

コメント