ミニマリスト「好みの物に囲まれるな」。祖父「欲しいものより必要な物」。

未分類

新年。
初売りに出かけ、福袋をはじめ、
いろいろと買い込んだという方も多いことでしょう。

あなたは今年、食べ物以外で何か買われましたか?

家族と一緒にスポーツ用品店に行き、
防寒着などを買いました。

福袋が売れ残っていたので、
買おうと手を伸ばしかけたのですが、
踏みとどまりました。

買い物をする前に、
いつも言い聞かせている言葉があります。

それは祖父が母にいつも言っていた言葉。

自分は直接、祖父からは言ってもらったことがなく、
祖父から教わった言葉として、母から伝えられたものです。

「欲しいものより必要な物を買え」。

小さい時からそうですが、
自分はお金を使う時、
まず頭に浮かぶのは、食べ物。
その次は、本や漫画、レコード、
さらにはカメラのフィルムなどの
自分の好きな物や趣味のもの。
服、靴は後回しです。

その金の使い方を見ていて、
母が祖父からの言葉として、
「自分が欲しいと思うものではなく、
必要とする物から先に買いなさい」
と教えてくれたのです。

1月3日、新聞を読んでいると、
ミニマリストの記事が出ていました。

2015年1月3日、日刊スポーツ。
《必要最低限の物で暮らす生活スタイル、ミニマリスト》
http://www.nikkansports.com/general/news/1587185.html
《ミニマリスト「物を捨てた先の生き方や価値観大切」》
http://www.nikkansports.com/general/news/1587187.html

出来るだけ物を持たないで、
物に縛られない生活するという信条の人。
それをミニマリストというんだそうです。

その人の語った言葉の中に以下のようなものがありました。

《まず考えたのは、好きなモノを身の回りに置かないこと。
ホテルの部屋に入った時のイメージ。必要なモノを残し、
自分の好きなモノがない空間を、自宅で実現しようと心掛けてきた」》

「好きなモノを身の回りに置かない」。
「必要なモノを残し、自分の好きなモノがない空間」
に目がとまりました。

自分の好きなモノだけに囲まれた空間作りを目指す。
それを今まで自分が良いと思ってきました。

そうした空間は、
精神をリラックスさせてくれ、
居心地がよく、体のためにもなると。

それと全く反対の価値観を示されたことに
戸惑いを感じましたが、一方で、
そうした情緒を廃した空間で、
どんな精神状態になるのかに興味があります。

モノによって落ち着く、リラックスさせてくれる
というのは、別の言い方をすれば、モノに支配され、
影響されていると言えるのかもしれません。

「モノを捨てると、心が豊かになる」
そうミニマリストの人は考えるそう。

モノがなければ、それにとらわれず、
他人の目を気にせず、比較もしない。

モノから自由になることは、
精神の自由をもたらすのですね。

必要なモノだけで満たされた空間にいたとき、
自分の精神はどう変わるのか?

試してみたいなー。

Amazonサーチ
未分類
nikitokiをフォローする
亀の知恵

コメント