同い年の友達に去年、赤ちゃんが誕生。涙ぐましい努力。妊活は温活に似ている。

スポンサーリンク
未分類

昔は毎日のように会っていたものの、
最近は疎遠となっていた同い年の友達。

先日、仕事で会った人から、思いがけなく、
その友達に「昔、とても世話になった」
という話が出たので、
久しぶりに電話をかけました。

その話をしたら、すごく喜んでくれた後、
互いの近況について報告し合いました。

驚いたのが、その彼に、去年、
女の子が生まれていたということ。

我々二人は、同級生の中にすでに祖父・祖母に
なっている人もいる年代。
この年齢ではじめて親になるのは、今の時代でも
珍しく、覚悟のいることなのではと感じました。
(もっとも奥さんは自分たちより年下なのですが)

結婚式にも参加し、奥さんも存じ上げていますが、
彼の仕事が余りにも忙しかったこともあり、
長い間、お子さんに恵まれませんでした。

数年前にその仕事が、
大きな節目を迎えたところから、
子どもをと決意したそうです。

医学的には、一定期間、妊娠しないことが不妊。

《日本産科婦人科学会では、「その期間については1年から
3年までの諸説あり、2年というのが一般的でしたが、
1年に短縮」としています
(平成27年8月29日日本産科婦人科学会理事会決定)。》
http://www.jsrm.or.jp/public/funinsho_qa02.html

という訳で、二人は医学的には不妊にあたり、
いわゆる「妊活」を二人で始めたそう。

その全てではありませんが、
お二人が努力したいくつかを聞いたら、
現在、自分が行っている「温活」と
基本的には一致しているということがわかりました。

早寝早起き、規則正しい生活。
バランスのとれた食生活
適度な運動(多いのも全くしないのも良くないよう)
ストレスをかけない、ためない、発散する
(過重な労働は特にダメらしい)

上に述べたような項目は、
結局、身体面で言えば、男性・女性ともに
血行を良くし、体温を高めることを
目的としているようです。

体温を高めることは、免疫力・生命力を高め、
人としての生殖能力を向上させることになるんだそう。

そしてこうした生活態度は、
高齢になっても健康で長生きするための
基本的な項目にも一致すると。

「この年になっての子育ては大変だけれど、
70、80になっても元気で働こうという
張り合い、意欲が出た」
と友は、楽しそうに宣言しました。

そのはずんだ声、決意を聞いて、
こちらまで励まされ、明るい気持ちになれました。

Amazonサーチ
未分類
スポンサーリンク
nikitokiをフォローする
亀の知恵

コメント