終活カフェ「ブルーオーシャンカフェ」が東京都江東区に。

スポンサーリンク
未分類

終活。

自分の人生の最期をどのようにするのか。
そのための活動。
すっかり一般的な言葉になりました。

介護、医療、保険など生きている時のこと。
さらに遺言、相続、葬儀、お墓と亡くなってからのこと。
意外に決めねばならぬこと、やらねばならぬ事があります。

一人ではなかなか終活しにくい。
気軽に終活について知りたい、アドバイスを求めたい。

そんな人にぴったりの場所が、
2015年2月21日、
東京都江東区住吉にオープンしました。

「ブルーオーシャンカフェ」です。

《訪れる人が誰もが輝ける場所に
「生き方」「逝き方」「活き方」を考える
終活コミュニティカフェ》がコンセプト。

海洋散骨を手がけているハウスボートクラブが
運営しているもので、この場所で、例えば
「わたしがお棺に入るまで」「散骨と手元供養」
といったセミナーが開かれています。

またカフェのスタッフは終活カウンセラーとしての資格を
持っているので、気軽に相談をすることも可能だそう。

ブルーオーシャンカフェ公式サイト
http://blueoceancafe.tokyo/
ブルーオーシャンカフェのFacebook
https://www.facebook.com/BOceanCafe

東京都 江東区住吉2-2-4
03-6659-6537

外装のイメージカラーはブルー。
ロゴには碇(いかり)マークが入っています。
クルーザーの客室をイメージした内装とあいまって、
海を感じさせてくれます。

〇カフェ
コーヒー、カプチーノなどの飲み物。
宮城県石巻市で培養されている
「ナンノクロロプシス」を使った
グリーンスムージーなどのオリジナルメニューも。
〇手元供養品の展示販売
〇宮城県女川町の「ゆめハウス」を運営する
コミュニティスペースうみねこと共同で
被災した漁師たちの手作り品販売。

 

Amazonサーチ
未分類
スポンサーリンク
nikitokiをフォローする
亀の知恵

コメント